FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2020.04.25    カテゴリ: 御柱祭 

   2016年 御柱祭 備忘録(今更ですが) 

諏訪の御柱祭の日程が決まった。令和4年の4月から5月。下社秋宮、春宮の御柱御用材8本の本見立ての日程は、5月下旬らしいが、現在未定。
出来るなら、キャンプとかしながら、上社下社、全日程制覇。(野宿ともいう)流石に無理だろうなぁ。






さて、前回の御柱祭の備忘録を書きそびれていたんで、気まぐれで、ネタが切れたら更新していくか?











IMGP6200_s.jpg

御柱祭で、有名な木落。

いよいよ、待ちに待った木落の瞬間!!





IMGP6222_s.jpg

先端に乗っている華乗りが、振り落とされずに乗っている。凄いぞ!!





IMGP6237_s.jpg

そして、斜面に激突!!!!!





IMGP6254_s.jpg

そして、華乗りへの称賛の掛け声!!!!!!!!!!!!




実際に見てると、鳥肌が立つほどの感動っ。






で、別の御柱の動画。











動画を良く見ると、御柱が激突した瞬間に先端に乗っている『華乗り』が振り落とされるが、周りの人が協力して柱の上に連れて行っている。それと、御柱が止まった瞬間に、周りから、変な法被を着た人たちがワラワラと集まって、御柱に乗ろうとするが、周りの人間が振り払っている。
色々、奥が深すぎて、面白い。




御柱祭の木落は、祭全体のほんの一部。


不定期に続く?
さゆうさん、こんばんは
木落は、御柱祭の行事のほんの一部ですが、意外と怪我程度で済んでいる感じがします。(救急車は待機してますが)
どちらかと言うと、諏訪大社に着いてから、御柱を立てる時に、大きな事故が起きているようです。氏子が、御柱に乗ったまま、柱を徐々に、垂直になるまで立てていきます。
確かに、危険な祭りでもありますが、自分には、地元のお祭りというものが無いので、諏訪の人たちが羨ましくてしょうがないです。
この行事がある度に各局のTVで観たり、ブログで観たりで、いつも思うのですが、
命がけのお祭りの1つではなかろうかと思うのです。
けが人が出なければ、素晴らしい神事の祭りとして見ていられるのですが、
他人事ながら恐ろしいなーと感じています。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog