FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
カテゴリー 《 自然 》   全4ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2019.08.24    カテゴリ:  自然 

   信州遠征 2

夕方に、福島駅前を通ったら、街路樹の中から、ムクドリの大合唱が聞こえた。このムクドリ軍団が、住宅街に居たら、五月蠅くて絶対に眠れないクラスの騒音。だいぶ前から、福島駅前のムクドリは、かなり前から問題になっていて、根本的な解決策が無いらしい。









さて、夜は過ごしやすく、朝は鳥達の囀りで目が覚めた、盆休み信州遠征の続き。





上高地出発が時間が遅くなり乗鞍高原に辿り着いたときには、昼飯予定の蕎麦屋は閉店。どうにか昼飯にありつき、湯けむり館で温泉に入った後、キャンプ地(只の砂利敷き駐車場)で、明るいうちからビールタイム。





暗くなると、月明かりは有るものの、天の川も見える満天の星空に感動!!ニュースで言っていた流れ星も頻繁に流れている。のを見て就寝。そして、あっと言う間に2時起床!?





3時30分出発の御来光バスに間に合う為には、星空撮影時間は1時間。設定もろくに確認出来ないまま撮影開始。撮影時間、絞り、ISO、全て何となく(*´ω`*)




何となく、全て、露出不足なんで補正済み。まあ、でも、それなりに、良いんじゃないの?かな。









P8135712.jpg

奥の山が、乗鞍 剣ヶ峰


月も、山陰に隠れて、最高の星空を満喫。




P8135716rt.jpg




P8135717rt.jpg




P8135720rt.jpg

長時間露光約10分。

写真中央左付近と写真中央右下付近に、流星らしき光が写っている。赤い斜め線は、飛行機の軌跡。




P8135721rt.jpg

天の川




P8135724rt.jpg

天の川 縦位置





それなりに満足だけど、もう少し、時間に余裕をもって、設定も勉強した方がよさそうだ。





次は、御来光編に続く

2019.07.26    カテゴリ:  自然 

   北に遠征 11

MTBのタイヤ交換実施。クロスバイク風に、細いタイヤに交換したかったけど、チューブも交換する必要が有るので断念。やはりブロックタイヤより、だいぶ軽くなった気がする。
後は、スピードメーターを付けて、破れたサドルを交換したら、暫くこれでいこうか。変速できないギアが有るけど、使わないから、不具合が有るまでこのままだな。














さて、連休中日は、撤収間際に、一声鳴いて、上空を横切っただけで終了。(10時間以上待ったのに・・・)。1枚も写真を撮れなかったのは初めてで、一寸落ち込む。





早めに引き上げて、美味しいものでも食べようと、深浦の街中に行くものの、お目当ての『セイリング』は、ネタ切れで閉まってた。
気を取り直して、『魚鱗』で、ヒラメ丼定食。丼ぶり以外の副菜も色々有って、思いのほかボリュームが有って大満足。

20190725161739ac8.jpeg








そして、店を出ると、海の方が、赤く染まってる?




暫く走ると、水平線に落ちていく、太陽が!!!




まさか、日の入が見られると思っていなかったんで、慌てる慌てる。




どうにか、路肩に車を止めて、感傷に浸りながら沈む夕日を眺める。はた目には、思いつめた顔で、夕日を見つめるオッサン一人って感じで、危険な雰囲気だったかも。







P7143616.jpg

水平線に沈む夕日。




P7143631.jpg

あっと言う間に、日本海に、ジュゥ~~~ッと音を立てながら、沈んでいく。




P7143625.jpg

広角で撮ると、こんな風。これだけ曇っているのに、水平線の先だけ晴れているってのも珍しい?




P7143639.jpg

あと少しで、日没。




P7143645.jpg

終了。





思いがけず、日の入を堪能し、何時もの駐車場へ向かい、翌日に備えて、早めの就寝。

2019.07.25    カテゴリ:  自然 

   北に遠征 10

暑くなりそうなんで、久しぶりに冷蔵庫の氷を覗いてみたら、氷って、コンスタントに昇華して減るんだなと、今更ながら気が付いて、何故か得した気分?







さて、しつこく、主役無しの記録は続く。今回は、鳥さえも出てこない。






主役待ちで、あまりにも暇すぎたのと、水面に反射した光が、色んな所を照らして綺麗だったので、癒し動画っぽいのを撮ってみた。





最初は、こんな感じから始まり、動きの無いシーンが2回替わるだけ。

20190725080238665.jpeg









暇でどうしようもない時とか、なんか現実逃避して一人になりたいときに見ると良いかも・・・。
















取りあえず、1週間持ったな。でも、まだ続く。

2019.06.19    カテゴリ:  自然 

   赤い鳥遠征 番外編 2

ネットで、芸人さんのレイシックの記事を偶々読んで、自分が手術を受けてから、もう11年たった事に気が付いた。
その頃は、手術代も保険で補助が出たので、実質6~7万。仙台でも手術する眼科は有ったけど、値段がとんでもなく高いので、東京のレイシック専門病院に行った。元々、デジスコ写真展に展示される自分の写真を見に行くつもりだったんで、往きは、夜行バスに揺られて花の東京へ。
1日目は検査のみ。2日目に、再度検査を行い、『本当に良いですね。老眼が進んだようになることも有りますよ』と最後の問診で言われたけど、眼鏡とオサラバ出来るならと、手術本番へ。
手術自体は、30分も掛からなかった。目薬式の麻酔薬を差した後、最初の部屋で、目の表面を円形にカット。その後別の部屋で、中の水晶体をレーザーで削ってお終い。レーザーは、事前に設定されていて、セッティングが終われば全自動。お医者さんが、職人技で、直に削るわけでは無かったです。
手術後、暗い部屋で、暫く安静。この間、絶対に寝ないでくださいと言われたのが、ちょっとキツカッタ。
で、手術直後の視力は、両目2.0!!
3日目。朝一で、目の状態を確認して、完了。

外に出て、周りを見た時の感想は、曇りガラスを挟んでみていた景色が、全てが鮮明に見えた様な感じ。

依頼、右目の視力は、1.0位まで落ちているけど、左目は、どうにか1.5をキープ。眼鏡やコンタクトレンズ代を考えれば、とっくに元を取ったんじゃないだろうか。自分にとっては、大正解の手術でした。









さて、またまた、前置きが長くなり過ぎた。

この日、もう少し、粘ったら、もう1回位出てきそうな気がしたけど、例の写真を撮ってしまったので、4時過ぎに撤収。と言っても、同じ場所に12時間近くいた事になる。我ながら、呆れるばかり・・・。

201906181926445f7.jpeg

こんな感じで、12時間。







深浦の共同浴場 ゆとりの湯に入った後。(この温泉、意外とお肌ツルツルで、侮れません)

201906181926417d2.jpeg








マックスバリューで買い出し後、19時過ぎの日の入に合せて十二湖近くまで戻り、写真を撮影。

P6080554.jpg





P6080587.jpg

この時期に、この場所で撮ると、海には沈まないのね。一寸誤算でした。





その後、ソロキャンプ地(唯の、海に面した駐車場。でも、立派なトイレも有るし、焚火とかする訳ではないので十分)で、祝杯。






201906181926420cb.jpeg

豪華な感じじゃァないよね。こんな時くらい、ビール飲めよって感じ?


アルミフォイルの中身は、スーパーで買った白身魚の餡かけ。網の上に乗せて、コンロで温めた。カップ麺は、肉汁ラー油太そば。一寸、肌寒かったんで、丁度良かった。


で、天の川を眺めつつ、21時に就寝。














と、何故か2時に目が覚めてしまう。元々、3時過ぎに起きる予定だったので、そのまま起きて、星空写真に挑戦。


設定的には、良かった感じだけど、暗すぎてピントが合わせられず。ジャスピン(もしかして古い?)だったら、良い感じだったのになぁ







P6090602.jpg

天の川と流れ星。ピントが合っていレバ。




P6090603.jpg

ああ、ピントが。既に、白み始めてる。




P6090605.jpg

そいえば、漁火が見えなかったなぁ。まだ早かったのかなぁ。





5年前の7月初めに、同じ場所で、こんな写真も撮っていたな。


20190618200716f5e.jpeg





と言う感じで、2日目の日曜日が始まり、福島まで戻って寝るまで、21時間行動の始まりです。

2018.12.13    カテゴリ:  自然 

   光芒

先々週の日曜日、うまっこ山で県連主催のパラグライダー大会。当初は、お手伝いでもと思って行ったら参加になって、誰もが予想しない5位入賞。参加以上の商品(笹かま)を頂きました。競技は、気球と同じで、空中から投げた通称バクダンがターゲット近くに落とすのと、ターゲットにより近くに降りた方勝ちの内容。

こんな感じ

DSC04576.jpg

手前が、ランディング用のターゲット。奥の田圃に、バクダン落とし様のターゲット有り。







さて、うまっこ山に行く前に、オオワシと日の出を見に行っていたんで、取りあえず載せておこう。





日の出を見るには、少しギリギリな感じだったが、河口付近の土手の上に大勢の人影有り。



撮影スポットらしかったんで、自分も便乗してみた。



残念ながら、水平線からの日の出ではなかったけど、結構綺麗だった。





PC021896tr.jpg

雲の縁が輝いていて綺麗。心が、清められます?




PC021911.jpg

雲が無ければ、本来なら、島と島の間から太陽が出てくるとか、島の一つの天辺から太陽が出てくるとかの感じになるはずだったんだろうね。





PC021931rtr.jpg

やはり、画面の中心に太陽を入れないと、ゴーストが出てしまう。基本的には、中心で撮って、トリミングするしかないのか?






日の出鑑賞も満足して、次はオオワシと意気込んだが、前回目撃した辺りでは、発見できず。


居たのは、







PC021953.jpg

パラグライダー界では、師匠と呼ばれている。



かなり昔、同じ上昇気流の中で、『なんだ、この邪魔な奴は』みたいな感じで一瞥されたことも有ったな。。。






オオワシ、どこだぁ。心の中で叫んでみたが、そんなに簡単に会えたら、有難みが無くなるんで、早めに諦めた。時間もなかったし。



取りあえず、小っちゃいのが、沢山プカプカ浮かんでるのを見れたから、鳥見的には満足。



小っちゃいプカプカは、次に


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog