FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2019.09.18    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   オニコウベ 2019.9015 2

テレビでも宣伝してるロキソニンって、要指導医薬品って言う部類で、薬剤師さんからの説明を受けないと買えないのな。実際に購入して、初めて知った。
で、もう一つ分かったのが、ドラッグストアって、大半のお店で、薬剤師がいないんだね。薬品コーナーのレジにいる人って、全員薬剤師だと勝手に思ってた。






さて、体が痛くて、操作が出来るか心配だったパラグライダー。意外と問題無かった件の続き。



1本飛んで十分かなぁ。なんて思っているうちに、雲底が上がり、禿岳山頂も見えてきた。どうしようかと考えているうちに、お仲間のお誘いも有り、調子に乗って再トライ。




最初は、T橋さんでも、ステイするのがやっとの条件で、様子見。

DSC04801.jpg

ギリギリで粘るT橋さん、と、準備中の姫。


風切り音が五月蠅いけど、動画も



こんな感じで、渋かった。



しかし、この後、20分位して、条件がドンドン良くなってきた。



このタイミングで出た、族Yさん、S条さんは、ドンドン上がってく。



DSC04804.jpg

S条さん




DSC04807.jpg

禿岳絶壁の壁磨き中の族Yさん




そして、自分もテイクオフ。出る時に、右足の靴が脱げそうになって焦った。一応、もたもたしてたのは、そんな訳。


DSC04830.jpg

信頼の翼。シグマ。もうそろそろ買い替えんといけないよなぁ。買ってから、多分12年位経ってるし、遅いし。出る時に、もたもたしたのは、その所為も有るか?






DSC04828.jpg

ガンガンに上がるって訳じゃ無いけど、順調に上昇。再び、最上町と前森高原を見られる高さまで到達。






DSC04832.jpg

1本目より、高い所からオニコウベスキー場方面。





DSC04834.jpg

禿岳下の谷を渡る、姐さん。分かるかなぁ。





DSC04841.jpg

スキー場をバックに、S条さん





この前後で、禿岳山頂写真を撮っていたはず。なのに、カメラ不調で、記録無し・・・・。残念!!





DSC04847.jpg

花立峠、ほぼ上空。テイクオフには人影無く。駐車場の車も殆ど無し。



再び、1時間タイマーが作動開始して、帰る方向へ。




帰る途中で、何年振りかのセンタリング。トンビ師匠の様には上手くいかず、3回位回して、コアを外す・・・。久しぶりなんで・・・・・・。







DSC04848.jpg

再び、スキー場上空まで戻るが、1本目同様に、上昇気流無し。


写真中央付近で、体験さん達の講習中。真上辺りを通ったんだけど、気付かなかったかな。


左上に見える二重丸がランディング。1本目は、丸の中に入った。が、2本目は、ショート。修行が足りません。




と言う事で、1か月ぶりに飛んで、何年かぶりに一日2本飛んで、何年かぶりにセンタリングして、2~3年ぶりに禿岳トップアウトして、意外と肩の痛みも無く飛べて、大満足の1日でした。



次こそ、もう夏の思い出になっている大曲花火備忘録。


2019.09.17    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   オニコウベ 2019.9.15

朝晩の自転車。時間は短いけど、散歩で、1時間以上歩く位のカロリー消費はしてるみたいだ。ダイエットにも多少の効果が出てきたか?
あんまり、きてないな。






さて、もう、2週間経ってしまった大曲の花火シリーズは後にして、日曜日のパラグライダーの方を旬なうちに。




盆休みに飛んで以来、1か月ぶりに飛んできた。例年よりは、ペースが速い方か。

190811onikoube.jpg

盆休みの飛行軌跡。(8/11)この時は、雲底も低く、禿岳山頂は分厚い雲の中。上昇気流はバッチリだったけど、油断すると簡単に雲中飛行するような条件。オトナシク、山頂下の絶壁の壁磨きして終了。飛行時間は、1時間弱。



190915onikoube.jpg

今回の軌跡。赤が1本目。1時間弱。青が、なんと2本目。50分弱。






それでは、此処からが詳細備忘録。早起きの予定が、肩の痛みで熟睡できずに朝寝坊(五十肩では無い)。結果的に、日の出と共に家を出発。



鬼首に着いて、ほんのチョットだけ鳥見。見られたのは、カワセミ、カワガラス、ホオジロ?セグロセキレイ?
ヤマセミは、声だけ?



元の計画では、夜中の内に来て、星空を見て、夜明けから鳥見。早めに切り上げて、駐車場で、コーヒーとか飲みながら、パラグライダー仲間が来るのを待つっつうのを頭に描いていた。
寝坊した自分が悪い。熟睡出来ない様な事をしてしまったのも自分が原因だから、仕方が無い。




到着した時は、完全に雲の中だった花立峠も、メンバー達が来る頃には、雲底が少しずつ上がり、飛べそうな感じになっていた。




第一陣、花立着。ダミーが出るものの、若干渋い感じ。




条件が良くなってきたのを見計らってテイクオフ。最初は、渋かったものの、少しずつ上昇し、禿岳下へ移動。





DSC04772.jpg

峠から、禿岳直下迄の中間位。赤い機体は、誰だっけ?





DSC04767.jpg

禿岳直下より、花立峠方面。





DSC04773.jpg

同じく、山形県最上町を望む。ほぼ目線の高さで、雲が湧いてくる!!しかし、盆休みの時の様に、分厚い雲では無い。





DSC04777.jpg

180度振りかえって、オニコウベスキー場全景。



DSC04785.jpg




雲底も有る位置から上がらず、集中力が切れてきた。(これを俗に、1時間タイマーと言う?)


花立峠を経由して、オニコウベスキー場手前のランディングに向かう。


DSC04778.jpg

花立峠付近上空。





DSC04788.jpg

スキー場に向かう途中。下の機体は、誰だったっけ??





DSC04791.jpg





DSC04793.jpg


どうにか、スキー場上空まで到着。しかし、上昇成分殆ど無し。諦めてランディングへ






DSC04798.jpg

一旦、条件が悪くなり。他の皆もランディングに戻ってくる。写真は、G姉さん。



ほんの数十分前に、山頂が隠れている正面の山の下を飛んでいた。面白いよね。





DSC04800.jpg

親方のランディングアプローチ。




ん~~。長くなったんで、もう1回。


2018.10.18    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   取りあえず、飛んだ。

パラ仲間の機材に、タブレットが乗っかっていたので聞いてみたら、フライトコンピューターのソフトが有るらしい。インストールしてみようと検索してみたら、アンドロイド専用だった。アップル版も作って欲しいぞ。







さて、先日の続き。午後になって、花立峠の風も良くなり、とりあえず、飛びました。


機体は、試乗機。NOVAのメンター5。以前にも試乗して、テイクオフも楽だし、旋回も思った通りに回れて、凄く良かった。


今回は、体重下限近くで乗ったが、やはり、扱いやすく、下限で乗っているとは思えないくらいスピードも出てた。


ただ、他の人たちがソアリングしている中、自分だけほぼぶっ飛び。一応、タイミングが悪かったと言い訳してみても、やはり、腕でしょう。
機体は素晴らしいので、自分のものにしたいけど、税込定価が、60万近くでは、中々・・・・、手が出ませんよ。中古が出たら、お願いします。



と言うことで、飛んだ証拠写真。


DSC04545-S.jpg

前方を飛ぶ、がらねえ。同じ、メンターの試乗機に乗っているのに、置いてかれました。



DSC04547-S.jpg

大ちゃんと誰か。この人たちにも、置いてかれました。




DSC04548-S.jpg

一人寂しくランディングに向かう。

杉林に、自分(パラグライダー)の影。久しぶりに見たな。


あ、機体の写真を撮り忘れた。



今年、あと一回くらい飛べるかな。


2018.10.17    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   カムロ迄飛んできたのは

蕪栗沼にライブカメラが有るのを最近知った。これを見れば、家に居ながらにして、塒入りや、飛び立ちを見る事が出来る。しか~~し、現地で、自分の目と耳で感じる感動には敵わないのである。参考にする程度にしておこう。リンクは、こちら






さて、マガンを見に行くのは、もう少し後にして、まだ、先週のオニコウベ。





花立峠で、風向きが変わるのをタイムプラス撮影などしながら待ち続けていたが、変わる気配が無いまま、ボォ~~っとしていると、オニコウベスキー場から飛んだパラグライダーが、1機だけ、花立峠までやってきた。


山形の白鷹エリアで飛んでいる、女性のフライヤーだ。凄いねぇ!!


PA130361-S.jpg









風も変わらず暇だったので、カメラ手持ちで動画撮影してみた。手振れ補正はある程度効くものの、ポジションがいまいちだったので、結構揺れている。オートフォーカスにしていたら、ピントも暴れた。



音声の編集はしていないので、色んな音が時々入ってる。













2017.11.09    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   秋も終わりのオニコウベでパラグライダー

結局、今年は、今回含めて3回のフライトで終わりそうな予感。冬に飛ぶと、寒いしなぁ。これからは、鳥見シーズン本番だしね。








さて、少し強めの風で、雲底も低く、スリリングなフライトだった。




早朝、早めに着いたが、花立峠は、雲底低く雲の中。山形県側に降りて、鳥探し。10:00位に戻ってみると、雲底が上がり、空には既にパラグライダー!?





直ぐに準備して、テイクオフへ。







20171105164639210.jpeg

テイクオフ待ちの姫






20171105164638c5d.jpeg

THWさん、テイクオフ。






そして、自分も






201711051646478de.jpeg

20171105164642a84.jpeg

峠を振り返る。気を抜くと、雲の中に入ってしまいそう。


再び、180度ターンをすると








20171105164644abd.jpeg

山側は、どう見ても、目線より雲底の方が低い・・・。




20171105164641af8.jpeg

正面が、ランディング。(鬼首スキー場)



ランディングへ進んでいくと、下の方から雲が湧いてくる。



20171105164646b5f.jpeg

湧いてくる雲の脇を飛ぶ、大ちゃん。

この辺りで、何もしていないのに、吸い上げで最高度を記録。

花立峠から171028-1m
青い所が、最高地点。



20171105164647c39.jpeg

ランディング近くに行っても、降りたいのに、下がる場所を探すのが大変だった。

この後、無事ランディング。

しかし、この後、ハプニング発生。一時は、どうなる事かと思ったが、無事解決。

ハプニングも有ったけど、夜の飲み会も楽しかった。








たった3回しか飛ばなかったけど、やはり、今年のパラも終わりかなぁ~~。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog