プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
カテゴリー 《 ミソサザイ 》   全4ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2016.06.20    カテゴリ:  ミソサザイ 

   森林に響き渡り、染み込んでいく歌声

6/18のニュースで、肌色に赤いラインの懐かしい電車(485系?)の引退走行が流れていた。ネットで検索したら、6/19午前中に福島から仙台へ移動してたらしい。この時、国見町藤田駅の線路近くでお仕事してました。
と言う事は、知らない内に近くを通っていたのね。気が付いて振り返れば見られる距離。ちょっと、惜しいことしたかな。






さて、何回会っても飽きない鳥達。前回の続き。今回は動画で




山の中に響き渡る歌声に魅了されます。





道路から直ぐ近くなので、時々雑音が入るのはご愛嬌。














この小さな鳥が、この素晴らしい歌声を歌っているのを知れば、誰でも魅了されると思うんだが、興味が無い人には、雑音でしかないんだろうな。




予約投稿

2016.06.19    カテゴリ:  ミソサザイ 

   歌うっ!!

会社の催し物に高校の吹奏楽部が演奏しに来てくれた。もちろん、演奏も素晴らしかったけど、最近、生き生きと頑張っている若者を見ていると、それだけで感動して泣けてくる。

年だな・・・。







さて、自然界の動物達もいつも真剣。自然な姿が感動を呼ぶ。





なので、後は、ひたすら待つか、ひたすら探し回るしかないのです。




今回は、赤い鳥は一休み。地味だけど一寸地味だけど、鳴くと存在感が半端無い小さな鳥。




裏磐梯をゆっくり車で走っていると、道路脇から大好きなあの声!!



車を空き地に止め、探鳥開始。



この辺と決めた場所で、後はやって来るのを待ちます・・・・・・・・。










運良く直ぐに姿を現してくれました。







P6051402-m.jpg

距離は、約20m。まだ、ちょっと遠い。



いかにも、ミソッチが、ソングポストに使いそうな枝の近くでじっと待っていると……。









遂に………











P6051466-m.jpg

直角に立った尾羽が、チャームポイントです。



P6051485-m.jpg

一生懸命に歌った後は休憩。こんな風にじっとしていたら、気がつかないで通り過ぎること間違いなし。地味なんで一般人受けしないけど、バーダーで好きじゃない人はいないと思う。



P6051509-m.jpg

今回の一番。写真展候補に入れておこう。ただ、ISO1600で撮影なので、解像感がイマイチ。A3は、厳しいか?



P6051524-m.jpg

『フゥ〜ッ……』

沢山歌ったので、再びちょっと休憩。




この後、小刻みに鳴きながら移動開始。1時間もすれば、また戻ってくると思うが、十分に満足したので撤収です。


予約投稿。


次は、このミソッチのワンマンショー動画。


2016.04.12    カテゴリ:  ミソサザイ 

   ミソッチの地鳴き

諏訪からの帰りの横川SAで、釜飯を買った。食べるのは、30年ぶり位だろうか。食べた後に残る釜。アパートには、米を置いていないので、使い道が無い。冷凍のうどんが有るので、釜揚げうどんの容器として使ってみるか。







さて、御柱シリーズを続けると思ったが、在庫の鳥と花を載せないと、タイミングを逸してしまうので・・・。

まずは、大好きなミソッチから






実家近郊の山の中。シュンランと山菜の様子を見に行くと、沢の方からミソサザイの声。




デジスコを担いで降りていくと、直ぐ近くに居る様だが姿は見えず。




セットして暫く待っていると、私が居る事を無視している様な(いや、完全に無視している)距離までやって来た。どうやら、縄張り宣言をしつつ、巣材を集めている様だ。一度は、2mの距離まで来たが、当然、距離が近すぎてデジスコでは撮れず。しかし、至近距離で見ると、改めて小さいのが良く分かる。スズメが大きく見える位だ。








201604122038536de.jpeg

「!!!何っ!?」





20160412203853055.jpeg

「ハァ~~~~」




20160412203853816.jpeg

「クション!!」





20160412203853a93.jpeg

「・・・・・・」


20160412203853600.jpeg

最後に定番のドアップ。





花シリーズに行けないので、動画も載せちゃう。

ただし、いつもの囀りではなく、一寸珍しい?地鳴きの動画です。









予約投稿

2016.03.19    カテゴリ:  ミソサザイ 

   春告鳥?

囀りシリーズの途中?ですが、今シーズンの初ミソッチに会えたので・・・・。








さて、今年は雪があまり降らなかったので、山の雪も少ないかと水芭蕉の様子を見に行った。ここは、何時もミソサザイにシーズン初めに行く場所。



なんと、水芭蕉も出始めていました。

P3190386-s.jpg

まだ大半は、こんな感じ。見頃は、1~2週間後かな。










P3190419-s.jpg

中に有る花が見えてるのは無かったけど、雨上がりの水滴がついて、良い感じ?







そして、この時期に見られる花。セリバオウレン。

デジスコでナンチャッテマクロ撮影してみました。

P3190500-s.jpg

背景をぼけさせる為、なるべく低いアングルで撮影。三脚を一番低くしても、E-M1のバリアングルモニターは、意外と役に立つ。






そして、花の撮影をしていたら聞こえてきたのが、ミソサザイの囀り。この時期、少し鳴いては移動するのを繰り返すので、中々撮影しづらい。























撮影チャンスは、せいぜい5~6秒でしたが、どうにか、今季初鳥。では無く、初撮り。






P3190468-s.jpg

ミソ 『オッサン、何してんだ?』
私  『一寸、貴方をモデルに撮影でもと』
ミソ 『そうか、それじゃ少しポーズを取ってやるよ!』














P3190473-s.jpg

ミソ 『こんな感じか?』
私  『もう少し尾羽を立てて貰えると・・・』


P3190479-s.jpg

ミソ 『・・・・。』
私  『あっ、そんな感じでいいです・・』



という感じで、今季初ミソッチは終了。次回は、もう少し長く居てくれると良いな。

2015.07.19    カテゴリ:  ミソサザイ 

   んっ?何か変??

秋の連休に、友人達が北海道に行ってパラグライダー&観光をする予定らしい。ああ、北海道、行きたいなぁ。でも、無理だろうなぁ。
北海道のヌプントムラウシ温泉。かなり前に、車のCMにも出た事のある秘湯だが、現在は、林道が崩落したりして、徒歩か自転車でしか行けないらしい。








さて、秘湯に入るまでの間、相手をしてくれた、ソングポスト好きな鳥はもちろん、ミソッチ!!




最初に来た時は、オオルリが留まっていた木で暫く鳴いていたが、姿を確認出来ず。


少ししたの草むらに降りた後、直ぐ近くで鳴いているのに姿は見えず。暫く彷徨いて、全身が見えるピンポイント発見。10cmでも移動すると葉被りが出てしまう。逆にブラインドとなって良かったかな。





DSC00325-s.jpg

『むっ!』

この写真だけ見ると、歪なボールみたい。鳥だとは思わんだろうな。



DSC00329-s.jpg

『むむっ!?』

んっ?一寸伸びた??




DSC00340-s.jpg

『・・・・・・・・。』




DSC00368rt_s.jpg

動画を撮っていたら日が差し込む様になってしまった。マダラミソサザイか・・・。





ほんでもって、もちろん、動画も。



一寸、後ピン気味なのは、愛嬌。


それにしても、このミソッチ。何か違和感有ると思ったら、特徴でもある尾羽90度上げが全く見られない。このミソッチだけの特徴か。それともこの付近のミソッチはこうなのか。それとも、たまたまなのか。ん~、謎だ。



予約投稿。

そろそろ、ネタ切れか。夏なのに冬眠するかも。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ