FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
カテゴリー 《 オジロワシ 》   全3ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2020.02.29    カテゴリ:  オジロワシ 

   大きな猛禽

先日、とある田圃脇の低木にて、スズメの学校を開校中。直近で授業参観をしてたら、突然、一斉に草むらへ避難?
何事かと思った瞬間、目の前に小型の猛禽が現れる!?
あっと思った時には、後方の田圃を超低空飛行で飛び去っていた。こっちも吃驚したけど、向こうも心臓バクバクだったろう。
大きさはハト位。チョウゲンボウより目が鋭かった様な?もしかして、ハイタカなのか?いや、きっとそうだ。そうゆう事にしておこう。一瞬の出会いに感謝。








さて、性懲りも無く、河口に行ってみるものの、何時もの場所には姿が見えない大型の猛禽。




そして、何時もの沼に行くと、500m位離れた木の上に居た。





待っている気力も無いので、撤収しようとし始めた瞬間。沼の上で旋回し始めた大型の猛禽。オオワシと違って、杉の上などで止まっていても判り辛い猛禽。




オジロワシ。




尾根上に出る前に撮りたかったが、三脚を用意している間に・・・。



前置き長すぎ。


取り敢えず、備忘録写真。




P2154391rtr.jpg

これだけ、ちょっと、トリミング





P2154406.jpg





P2154452.jpg



やっぱ。猛禽は、カッコイイな。




2020.02.02    カテゴリ:  オジロワシ 

   ワシ対ワシ

四万十川って名前は、平成になってから定着したんだと。なんか、昔から知ってたような気がしてた。といっても、25年ほど前からなんで、昔と言えば昔だけど。






さて、先月、あの鳥が来ている川の近くに行ってきました。遠すぎて、証拠写真程度だけど、珍しい?シーンも見られて良かった。




某沼に行くと、着いた直後に、頭上を通り過ぎていくオオワシを発見。



あっちこっちを探すと、杉の木の天辺に居るのを発見。同じ個体とは限らないけど。





P1190015.jpg

逆光、白抜け証拠写真





逆光、白抜け証拠動画・・・。





良いポジションを探してに移動中に飛ばれて、再び見失う。



しょうがないので、某沼に戻って出待ち。


カワセミやミソサザイがチョロチョロ出てくるのを気にしながら待っていると、オオワシ登場。








P1190111.jpg

遠い・・・・。





すると、もう一羽の大型猛禽登場!?











P1190176 (1)

オジロワシ若か?




P1190177rt.jpg



P1190178rtr.jpg



P1190180rtr.jpg



P1190275rtr.jpg



後1回続く。



2018.12.20    カテゴリ:  オジロワシ 

   大きな猛禽のシルエット

あぁ、今年も後何日も無い。今週末、年賀状をどうするか。何時ものパターンだと、結局、年末ギリギリに印刷して出すってなるんだろうな。意志が弱いから。





さて、昨日の続き。



マガン達が飛んでいくのを見ていると、枯れ木の天辺に留まっている大きな鳥を確認。丁度太陽が良い感じに上がってきたんで、遊んでみた。











PC162238.jpg



PC162241.jpg

こっちは、少しトリミング。


こんだけ太陽を大きく入れると、あっという間にフレームアウト。少しずつカメラの位置をずらすのに必死だった。






鳥の正体は








PC162317.jpg

200m位離れてるかな。1250mm相当でもこんな感じ。




PC162342.jpg

3000mmで、どうにか確認できた。


そう、オジロワシ





これは、年賀状に使うとしたら、インパクトあるかも。




こっそり、プロフィール写真を変更。

2017.11.17    カテゴリ:  オジロワシ 

   親分と下っ端の会話

猛禽類医学研究所のツイッターで、風力発電に因って死んだ沢山のオジロワシの写真が話題になっている。ワシ達の通り道に建設されてしまった、風力発電のそれに激突してしまうらしい。彼らにとっては、巨大なギロチンと変わらない。
太陽光発電も、山を切り開いてメガソーラーを造るような計画があるが、こちらも、エコで地球にやさしいと言うのは、なんか一寸違うような気がする。
どちらの発電方法も否定はしないけど、何とかならないもんかね。バードストライクが起きないように検討は始められているが、建設計画が先行して、後手に回っている感じが、凄くする。








さて、まだ続きます。今回は、困難を乗り越えて、無事に宮城県まで辿り着いたオジロワシさんです。


























20171115230801c4e.jpeg

   どこからか飛んできたカラス

カラス:「親分、遠路はるばるご苦労様っす。」

オジロ:「・・・・・・・・・・」

カラス:「もう、到着してから結構立つんすか?毎年、大変っすねぇ」

オジロ:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( 一一)」

カラス:「まあ、お疲れの様なので、これにて失礼!!」

    どこかに飛んでいくカラス。




オジロワシ親分に、ほぼ無視されてしまったハシボソカラス?諦めて、相手をされないので、直ぐに飛んで行ってしまいました。




因みに、昨日のブログの中で、写っているオジロワシは、この方。ブログの写真を拡大すると、シルエットで分かるはず。




続く。

2016.03.03    カテゴリ:  オジロワシ 

   ダンディーなオジロワシ

ケンミンショーを見ていたら、肉の消費量最下位は群馬だと言っていた。その順位表が映った瞬間?

福島・・・・・。

ほとんど最下位に近い順位。

肉、食べないんだぁ。食べていないイメージはあまり無いけどねぇ。







さて、鳥界で肉食と言えば、猛禽類。

ネタ切れになったので、アップしていなかった在庫から。それも、2年前の・・・。



猛禽類は、通常、こちらが気が付く前に飛んでいってしまうくらい、臆病というか、人間に大して敏感。しかし、この時は、車に乗っていたお陰なのか、約20m位まで接近出来た。








2016022622294506c.jpeg








20160226222945fa3.jpeg

何に対してないのか分からないが、時々雄叫びを上げていた。






そして、一番接近した時に撮った動画。















厳つい顔だけど、一寸ひょうきんな所も有るダンディー オジロワシでした。




結局、飛んでくれなかったので、そろそろと後退して退散。


きっと今も、海岸沿いの杭に留まって、雄叫びを上げてる事と思う。





予約投稿


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog