FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2019.08.26    カテゴリ:  写真 

   信州遠征 3

雑草・コケ類生え放題の自宅庭。隣の芝生は間違いなく青い状態なので、取りあえず、背の高いイネ科っぽい草だけ刈ったたら、カナヘビ君がウロチョロしているのを発見。
カナヘビとかが居るんなら、そのままでも良いか?なんて、手入れをしない事の正当化を考えている物臭な自分が居る。







さて、自然と人間が旨く共存しているかもしれない信州遠征の続き。



星空を撮った後、大急ぎでバスターミナルへ。既に御来光バスが来ていて、先頭の人達は乗り込んでいる状態。



大急ぎで切符を買って乗り込む。案の定、忘れ物をして、気が付いた時には、出発時間。カメラ・携帯のバッテリー・・・。(ターミナルに戻ってきたときには、ガラ携・スマホ・コンデジ・ミラーレス、皆電池切れ。少し焦る・・・。)




昨年は、下界の天気は良いのに、山の方は厚い霧の中。寒いし、暗いし、前の日に歩きすぎて膝痛いし、ライチョウにも会えず、最悪だった。
今回、天気は快晴。風も殆ど無く、気温も丁度良い、絶好の観光日和だ。




このまま、日の出を待っても良かったんだけど、どうせならと、直ぐ脇の富士見岳に登る。




以下、コンデジ SONY RX100編。順が逆だけど、こっちは、御来光後の写真。







DSC04702.jpg

富士見岳山頂。標高2818m。ここで、日の出を待ちました。


バスを降りた場所から高低差102m。たった100mでも、高山のここでは、普通に歩いても息切れしたりする。





DSC04697.jpg

ゴースト出まくりだけど、かえって神々しく見える?





DSC04687.jpg

岐阜県側も雲海状態。下に見えるのは、お花畑の木道。今回は、廻る余裕が無く残念。





DSC04685.jpg

中央左が、剣が峰。3000m峰です。写真で見ると、広角写真なので、丘くらいにしか見えないけど、富士見岳から、100m下って、その後300m上がる感じ。正味2時間弱かかってる。結構な急こう配。
結局、使わないデジスコ機材を担いで登ったせいか、超しんどかった・・・。ただの高地トレーニング。





DSC04686.jpg

自然科学研究機構 乗鞍観測所






DSC04704.jpg

ご存じ、コマクサ。一寸旬は過ぎてるけど、やはり、高山植物の女王です。





DSC04709.jpg

岩の間から顔を出していたイワギキョウ。





DSC04707rtr.jpg

イワツメクサ?とコマクサ







信州遠征。次は、マイクロフォーサーズ OM-D EM-1 MK2で、御来光編。


2019.05.10    カテゴリ:  写真 

   オリンパスEM-1 Mk2と12-100 Proレンズの手振れ補正。

デジスコを続ける理由。
 ・大きく撮れる(対象から遠くても、それなりに撮れる)
 ・総重量が比較的軽いので機動性が有る(どちらかというと、歩き回って撮るタイプ)
 ・動画も撮る
 ・天邪鬼だから

最近は、カメラの性能も上がり、軽くて性能の良いカメラやレンズが有りますが、自分のこのスタイルは変わらない。

一人で鳥見することが多い理由は、動画を撮りたいから。それから、いい歳して、人見知り。







さて、デジスコで使っているレンズは、手振れ補正機能までは付いていないので、デジスコ撮影時に補正の恩恵を受けている実感はない。


しかし、手振れ補正機能付きのレンズを付けて、撮影した場合の効果には吃驚。




P4280406.jpg

写真は、水が流れ落ちる所を手持ちで撮影。シャッタースピードは、なんと1秒!!

最近のカメラは、凄いね。





そして、その効果は、動画でも









こっちは、三脚無しで手持ち撮影。自分の感想では、まるで三脚使って撮ったようにみえる。


しかし、動きの速いものの流し撮りとかだと、若干挙動がオカシイ感じなるようなので、そうゆう時は、レンズの補正を切った方が良いのかも。


次回からは、令和最初の鳥見シリーズ開始予定(今更?)



2019.04.09    カテゴリ:  写真 

   先週の花見山 1

昨日は、ホヤの日。そう言えば、俳優の古田新太さんが、水月堂の乾燥ホヤを肴にして酒を飲むと最高と紹介してた。宮城県内のあっちこっとで売ってるらしいから、今度買ってみよう。






さて、4月6日は、新聞を読む日だったらしいが、何もも読まずに、慌てて出掛けた花見山









まずは、定番の撮影ポイントから。






20190409081453a4d.jpeg

夜が明けて直ぐなので、手前の菜の花には日が差していない。



こっちが、8時頃の写真。






20190409081217155.jpeg

日当たりが良い東斜面は、満開に近かった。







8時過ぎには、仙台に向かう予定だったんで、そそくさと花見山山頂へ向かう。



そして、山頂。



ポスターにも載っている写真の撮影ポイントで、証拠写真。




20190409081453d9a.jpeg

山頂は日陰で、手前のソメイヨシノも咲いていないので、、一寸イマイチ。




ソメイヨシノも満開になった今週末がベストかな。




次は、山頂の東屋を入れて




20190409081453266.jpeg

この桜は、満開だった。ソメイヨシノとは、違う種類?






20190409081453a4c.jpeg

市街地を入れた写真。これはこれで気に入ってるけど、真ん中の桜も咲いたら、また雰囲気がちがうだろう。






20190409081217cd8.jpeg

ここも撮影ポイント。ハウスの周りの花が咲いて、周りの新緑も芽吹くとベスト?




2019040908121740a.jpeg

時間も8時過ぎ。吾妻連峰を撮って終了。



写真の腕がいまいちなんで、パッとした写真が無いけど、十分に綺麗だった。花見としては、今週末がベストかな。



もう1回続く。

2018.11.01    カテゴリ:  写真 

   オニコウベは、風光明媚だよ 4

吾妻山も真っ白になった。アパートの近くでは、ジョウビタキの鳴き声。冬到来だ。




さて、冬鳥も来ているのは確かだけど、本腰を入れていないため、鳥見ネタ切れにつき、引き続きオニコウベ

なんだかんだで、3週連続で行っている。片道180km・・・。



時期的に雲海は出ないんだろうね。今回は、川霧さえ出てません。



PA280151.jpg

カムロ岳全景。月がワンポイント



PA280157tr.jpg

毎度、お馴染みの構図。



PA280181.jpg

カムロ岳山頂下の絶壁。今年は、この絶壁すれすれをパラグライダーで飛ぶこと無く終わりそう。



PA280183.jpg

カムロ岳麓付近からの全景。



ネタが無いので、もう一回。

2018.10.25    カテゴリ:  写真 

   オニコウベは、風光明媚だよ 2

昨日、事務所の外から、『ヒッ、ヒッ、ヒッ』という音が聞こえてきた。聞き間違いじゃなきゃ、ジョウビタキの声だ。外に出て、確認しようとも思ったけど、仕事中だし、挙動不審のオッサンがウロついていて怪しまれてもヨロシクナイんで、我慢した。
寒くなってきて、続々と冬鳥も来ているみたいだし、そろそろ、気合を入れなくては。






さて、先週末、雲海が見られるかと思って、またまたオニコウベへ。ついでに、ヤマセミもなんて考えていたら、雲海にはなってないし、川沿いは、川霧で霞んでる。






ヤマセミ撮影は、速攻で断念。





一応、川近くに行ってみたら、川霧のおかげで、面白い写真が撮れた。






まずは、川岸に降りる前。







PA210067.jpg

肉眼で見た雰囲気と、写真で撮れた雰囲気が違うので面白い。こうなると想像して撮る人が、上手い写真家なんだろう。







川岸に降りると、川霧が、濃いところと薄いところが帯の様になって、ゆっくり流れていた。


対岸の杉林の後ろから日が差してきて、こんな写真が撮れた。












PA210076.jpg







PA210085.jpg












んっ?タイトルと有っていない気がするけど、良いか。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog