FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
カテゴリー 《 自転車 》   全1ページ
このページのリスト

2020.03.21    カテゴリ:  自転車 

   電動折畳自転車(THE ONE)についての備忘録 2

自宅は、仙台大観音の近所。意外と標高が高い。桜の開花も、街中と比べると何日かずれるくらい。仙台駅との標高差約130m。泉ヶ岳側の田園地域までの標高差100m。
なので、此処から、自転車でどこかに行こうとすると、最後に、標高差100m以上のキツイ登りが待っている。本格的に自転車を始めるにしても、車に乗せて、どこかに行ってから自転車で繰り出す形が無難だろう。
まっ、普通のロードバイクでも、前輪外せば、車内に乗せられる。でも、車体も分割出来て、ミニベロの『モールトン』って、ある意味理想的な気がする。
やっぱり、お店に行ったら、購入してしまう予感がする。パラグライダーも買わんといかんノニ・・・。










さて、お散歩自転車なら、これが最適。近所の坂道もへっちゃらさ。と言う事で、電動折畳自転車『THE ONE』の続き。



此処からは、自分の私見も含めたレビュー。








・乗り心地等に関して



1.シートは、適度な硬さで、座った感じも良かった。


2.前輪後輪共に、片持ち支持だが、普通に乗っている分には、剛性は有ると思う。


3.ペダリングして、1回転くらい廻ってから、一気にアシストが始まる。この辺が、トルクセンサーじゃないと言う事なんだろうか。他の電動アシスト自転車を知らないので、良く分からない。


4.若干重たいが、平地なら、アシスト無しでも走られる感じ。


5.チェーンの弛み防止のパーツの所為なのか、音が結構うるさい(この辺は、自分の主観)


6.アシストは、3段階で、1の場合は、あまりアシストを感じないが、3なら、そこそこの坂なら快適に登られる。急な坂道で発進をする場合、急にアシストが効いて、ウィリーしそうになった。これは、慣れが必要。


7.ギア比(1:4)の関係で、スピードは、せいぜい最大20km/h。基本、スピードを出す自転車じゃないと言う事で。







装備等について(此処から長いが、写真と共に、一気に書いてしまおう。)



1.ライトとテールランプが標準で付いているのは、夜間走行では有難い。ただし、光軸が右に曲がっているので、一旦外して、穴の調整が必要。上下の調整は可

IMG_3224.jpg

IMG_3242.jpg


2.機械式ブレーキの効きはまあまあ良い。前輪ブレーキを掛けるとそこそこ音がする。これは、当りが出れば、消えていくかも。
 問題は、後輪ブレーキ。ブレーキを掛けると、ブレーキパッドが当たる所とお当たらない所が有るため、がくがくする感じになる。使っているうちに当たりが出てなじむのか、ディスク自体が歪んでいるのか、それともホイール自体が歪んでいるのか。最後の内容が原因の場合、我慢するしかない・・・・・・・。

IMG_3233.jpg

IMG_3232.jpg


上の写真が、バッドが正常に接触している部分と思われる。下が、正常じゃない部分。(白っぽい)


3.なんと!!、ブレーキレバーの左右が逆。右レバーが、後輪のブレーキになっている。他の自転車も同じなのか。それとも自分だけ。これは、直すしかないよな。って、直せるのか?

ググってみたら、ヨーロッパとか車種によっては、右後左前って言うのもあるらしいから、間違いでは無いのかも。でも、日本仕様は、右前左後じゃないとダメだと思う。



4.折畳ハンドルの固定は、支援当初は、ネジで止めるタイプだったが、ワンタッチ式になっている。これ自体は、改良だが、間違って外れない様にするパーツが、固定しにくい。これは改悪。今後の改良に期待。

IMG_3240.jpg



5.キックスタンドは、当初、ペダルにスタンドが付いている仕様になっていた。これも、製品の売りになっていた。しかし、使いにくいと言う意見が有って、プラスチック製スタンドに改良?されたらしい。ネットでは、安っぽくて壊れやすいと言う意見は有ったが、自分的には特に問題無し。


6.後輪の固定ボルトにケーブルが配線されている。ホイールってどうやって外すのか分からない。前述のブレーキディスクを交換できるのか?

IMG_3246.jpg

IMG_3247.jpg


7.露出しているケーブルが、想像より多く、邪魔な感じがする。


8.前輪後輪に、フェンダーが付いているが、プラスチック製で、安っぽく、歪んでいる。まあ、無いよりはマシなので、壊れた時に、何か考えよう。



以上。



現在、海外版クラウドファンディングは、審査中でアクセスできない状態に陥っている。UCBからのメールによると、使用している部品の特許関連の問題らしい。現在協議中で、近いうちに復活するとの事。(本当か?)
確かに、物の到着が異常に遅くなっているうえに、コロナの影響で、泣きっ面にハチ状態。しかし、一応、状況を説明するメールを送ったりしているので誠意は有ると思う。
しかし、当初から、中国のメーカーが絡んでいる事や、製品の質の問題を理解していなかったのは問題だと思う。



クラウドファンディンクのリスクも理解はしているし、物は到着しているので、今後は、この自転車を弄り倒して楽しもうと思う。




IMG_3248.jpg


IMG_3249.jpg


IMG_3244.jpg



因みに、元のペダルは、折り畳み式の物が付いている。しかし、コンパクトさを優先して、三ヶ島製作所製の取り外し式ペダルに変更。取り付け取り外しの煩わしさは有るけどけど、自分的にはOK.

IMG_3237.jpg


IMG_3239.jpg

2020.03.18    カテゴリ:  自転車 

   電動折畳自転車(THE ONE)についての備忘録 1

アレックスモールトンの自転車って、カッコイイよなぁ。しかし、最上位機種だとフレーム・ホイールセットで¥2,000,000越え。パーツ付けたら幾らになるんだ?もはや、普通乗用車だって、そこそこのが買えるぞ。
お手頃価格のシリーズの中古でも相当な値段。だったら、正規の販売店で、新車を買った方が、後々のメンテも考えたら良いよな。そうすると、定価だよなぁ。店に行って触ってしまったら、買ってしまいそうで、行くのが一寸怖いぞ。







さて、昨年のお盆。スイスの会社(United City Bike:UCB)が、クラウドファンディングで電動折畳自転車の支援を募集していた。日本仕様も有るし、この時持っていた自転車より、コンパクトで、重さも変わらない。注文すれば、10月中に来るらしい。





で、ポチッとしました・・・・。






納期がドンドン延びて、製造してるのも中国の会社と言う事が判明。スイスで製造されていると大半の人は考えていたと思うけど、実際は、OEMみたいなものだった。



年末になって、海外では、到着したと言う話が聞かれはじめ、日本にも年明けに何台か到着してる筈なのに、何時まで経っても何の情報も入って来ない。やはり詐欺ではないかと不安に駆られる中、突然荷物が送られてきた。
結局、約4か月遅れで到着。取りあえず、物は届いたんで、一安心。(物が到着してから、そろそろ到着するよって言うメールが来て、一寸笑った)




IMG_3032.jpg



IMG_3033.jpg

梱包材等を含めた重量は、18.0kg
当然ながら、中国製です。







IMG_3035.jpg

梱包は、結構しっかりしている。



IMG_3036.jpg

取り出して、付属の折畳ペダル装着した状態。








自分が支援した日本のクラウドファンディングで570名。海外版で申し込んだ方も含めたら何人になるんだろう。UCBの報告を鵜呑みにしても、まだ半数位の人しか受け取っていないはず。自分は、運が良い方なのか?

ネット上にも、あまり情報が出てこないので、取りあえず、私見も含めた備忘録。








まずは、自転車が来るまでに、海外版クラウドファンディングの掲示板等から得られた情報。

1. 支援ページには、中国で製造しているとは、一言も書いていない。実際は、中国のメーカーで製造していて、既に、ネット販売もしていたりする。その価格も、日本円に換算すると、今回の購入金額の半分程度になっていた。(実際は、関税・送料等で、もっと高くなるらしいが)

2.メーカーのホームページの英語版では、UCBが販売の提携先と載っていたが、中国語版では、アジアやヨーロッパからのパートナーを募集していた。

3.重量が、12.5kgと書いて有るが、実際は、14kg有る。(測ってみたら実際に14kg有った)バッテリーやペダルを覗くと、その位になるのかもしれないが、そんな事は、何処にも書いていない。(それが常識なのか?)

4.海外のユーザーが、自転車を分解して確認したところ、トルクセンサーと記載してあるが、実際は、ケイデンスセンサーと言うものらしい。(この辺の真偽は不明。自分には、確認のしようがない)

5.この掲示板の内容も、UCBに不都合なものは、片っ端から削除される。このためか、海外掲示板サイトに、この自転車用のスレッドが立つ。

6.日本語版クライドファンディングでも、最近になって、質問の過去履歴が見られなくなってしまった。

7.そして、つい最近。海外版クラウドファンディングのページが審査中と言う表示になり、アクセス出来なくなった。昨日、この件に関するメールが、UCBから届いた。問題は、解決するので、数日中には復旧予定と書いてあった。



到着した翌日、片道、7km弱の距離を走ってみた。










20200304193438d51.jpeg



20200304193516455.jpeg

乗り心地は、シートも適度な柔らかさで、良い感じ。





長くなったので、次回に続く。



Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog