FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2019.09.18    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   オニコウベ 2019.9015 2

テレビでも宣伝してるロキソニンって、要指導医薬品って言う部類で、薬剤師さんからの説明を受けないと買えないのな。実際に購入して、初めて知った。
で、もう一つ分かったのが、ドラッグストアって、大半のお店で、薬剤師がいないんだね。薬品コーナーのレジにいる人って、全員薬剤師だと勝手に思ってた。






さて、体が痛くて、操作が出来るか心配だったパラグライダー。意外と問題無かった件の続き。



1本飛んで十分かなぁ。なんて思っているうちに、雲底が上がり、禿岳山頂も見えてきた。どうしようかと考えているうちに、お仲間のお誘いも有り、調子に乗って再トライ。




最初は、T橋さんでも、ステイするのがやっとの条件で、様子見。

DSC04801.jpg

ギリギリで粘るT橋さん、と、準備中の姫。


風切り音が五月蠅いけど、動画も



こんな感じで、渋かった。



しかし、この後、20分位して、条件がドンドン良くなってきた。



このタイミングで出た、族Yさん、S条さんは、ドンドン上がってく。



DSC04804.jpg

S条さん




DSC04807.jpg

禿岳絶壁の壁磨き中の族Yさん




そして、自分もテイクオフ。出る時に、右足の靴が脱げそうになって焦った。一応、もたもたしてたのは、そんな訳。


DSC04830.jpg

信頼の翼。シグマ。もうそろそろ買い替えんといけないよなぁ。買ってから、多分12年位経ってるし、遅いし。出る時に、もたもたしたのは、その所為も有るか?






DSC04828.jpg

ガンガンに上がるって訳じゃ無いけど、順調に上昇。再び、最上町と前森高原を見られる高さまで到達。






DSC04832.jpg

1本目より、高い所からオニコウベスキー場方面。





DSC04834.jpg

禿岳下の谷を渡る、姐さん。分かるかなぁ。





DSC04841.jpg

スキー場をバックに、S条さん





この前後で、禿岳山頂写真を撮っていたはず。なのに、カメラ不調で、記録無し・・・・。残念!!





DSC04847.jpg

花立峠、ほぼ上空。テイクオフには人影無く。駐車場の車も殆ど無し。



再び、1時間タイマーが作動開始して、帰る方向へ。




帰る途中で、何年振りかのセンタリング。トンビ師匠の様には上手くいかず、3回位回して、コアを外す・・・。久しぶりなんで・・・・・・。







DSC04848.jpg

再び、スキー場上空まで戻るが、1本目同様に、上昇気流無し。


写真中央付近で、体験さん達の講習中。真上辺りを通ったんだけど、気付かなかったかな。


左上に見える二重丸がランディング。1本目は、丸の中に入った。が、2本目は、ショート。修行が足りません。




と言う事で、1か月ぶりに飛んで、何年かぶりに一日2本飛んで、何年かぶりにセンタリングして、2~3年ぶりに禿岳トップアウトして、意外と肩の痛みも無く飛べて、大満足の1日でした。



次こそ、もう夏の思い出になっている大曲花火備忘録。


2019.09.17    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   オニコウベ 2019.9.15

朝晩の自転車。時間は短いけど、散歩で、1時間以上歩く位のカロリー消費はしてるみたいだ。ダイエットにも多少の効果が出てきたか?
あんまり、きてないな。






さて、もう、2週間経ってしまった大曲の花火シリーズは後にして、日曜日のパラグライダーの方を旬なうちに。




盆休みに飛んで以来、1か月ぶりに飛んできた。例年よりは、ペースが速い方か。

190811onikoube.jpg

盆休みの飛行軌跡。(8/11)この時は、雲底も低く、禿岳山頂は分厚い雲の中。上昇気流はバッチリだったけど、油断すると簡単に雲中飛行するような条件。オトナシク、山頂下の絶壁の壁磨きして終了。飛行時間は、1時間弱。



190915onikoube.jpg

今回の軌跡。赤が1本目。1時間弱。青が、なんと2本目。50分弱。






それでは、此処からが詳細備忘録。早起きの予定が、肩の痛みで熟睡できずに朝寝坊(五十肩では無い)。結果的に、日の出と共に家を出発。



鬼首に着いて、ほんのチョットだけ鳥見。見られたのは、カワセミ、カワガラス、ホオジロ?セグロセキレイ?
ヤマセミは、声だけ?



元の計画では、夜中の内に来て、星空を見て、夜明けから鳥見。早めに切り上げて、駐車場で、コーヒーとか飲みながら、パラグライダー仲間が来るのを待つっつうのを頭に描いていた。
寝坊した自分が悪い。熟睡出来ない様な事をしてしまったのも自分が原因だから、仕方が無い。




到着した時は、完全に雲の中だった花立峠も、メンバー達が来る頃には、雲底が少しずつ上がり、飛べそうな感じになっていた。




第一陣、花立着。ダミーが出るものの、若干渋い感じ。




条件が良くなってきたのを見計らってテイクオフ。最初は、渋かったものの、少しずつ上昇し、禿岳下へ移動。





DSC04772.jpg

峠から、禿岳直下迄の中間位。赤い機体は、誰だっけ?





DSC04767.jpg

禿岳直下より、花立峠方面。





DSC04773.jpg

同じく、山形県最上町を望む。ほぼ目線の高さで、雲が湧いてくる!!しかし、盆休みの時の様に、分厚い雲では無い。





DSC04777.jpg

180度振りかえって、オニコウベスキー場全景。



DSC04785.jpg




雲底も有る位置から上がらず、集中力が切れてきた。(これを俗に、1時間タイマーと言う?)


花立峠を経由して、オニコウベスキー場手前のランディングに向かう。


DSC04778.jpg

花立峠付近上空。





DSC04788.jpg

スキー場に向かう途中。下の機体は、誰だったっけ??





DSC04791.jpg





DSC04793.jpg


どうにか、スキー場上空まで到着。しかし、上昇成分殆ど無し。諦めてランディングへ






DSC04798.jpg

一旦、条件が悪くなり。他の皆もランディングに戻ってくる。写真は、G姉さん。



ほんの数十分前に、山頂が隠れている正面の山の下を飛んでいた。面白いよね。





DSC04800.jpg

親方のランディングアプローチ。




ん~~。長くなったんで、もう1回。


2018.12.11    カテゴリ: スカイスポーツ気球 

   岩出山バルーンフェスティバル 2

ネットニュースに、味音痴は幸せ、みたいな記事が載ってた。
そだね~。自分も味音痴と言いたくないが、旨いものは旨いし、そうでないものもそれなりに美味しく頂ける。
でもね~、コクと言う味が分からん。誰か、ちゃんと説明してくれ。
取りあえず、美食家の人達が、イマイチと言った食べ物も、自分は美味しく頂ける自信は有る。考え方、オカシイ?
んだけどね~、好き嫌いが多くてね。ぬるぬるしたのや匂いに特徴があるパクチーやセロリとかは苦手なんで、結局食べられるものを狭めてるのも事実なんだぁ。






さて、岩出山と言えば、いろは食堂の特製ラーメンとオバちゃんが有名。しかし、所用で食べに行けなかったバルーンフェスの続き。




小出しにすると終わらない。一気に載せておく。備忘録代わりだから良いのだ。








競技内容は、会場内に設けられた巨大なバツ印に、紐の付いた球のようなものを投げて、その距離を争う、みたいな感じ。何分後とか、何m以上離れてから戻るとか細かいルールはあると思う。



基本、風任せの気球が、一旦遠くに離れた後、会場に戻ってくるのは、素直に凄いと思う。



パラグライダーも同じような競技が有るけど、こっちは自分でターゲットに向かっていく事が出来る。と言っても、こっちはスピードも有るし、高度も高い所から投げないと危険なので、別な意味で難しい。








PB251716.jpg


PB251729.jpg


高度によって、微妙に違う風向きで、あっちこっちに飛んでいく気球

晴れてたらなぁ。





PB251739.jpg

太陽は、まだ、顔を出さない。



PB251773.jpg







PB251805.jpg

ターゲットに近づいた後、建物ギリギリで、再び遠ざかる気球





PB251820.jpg

後一寸なのに、地上スレスレで、空中に留まっている気球・・・。





PB251831.jpg

競技が終盤になり、体験試乗用の大きな気球に空気が入れられていた。



競技が終了しても、空を飛んでいる気球が結構沢山。少しでも長く飛んでいたいのは、パラグライダーも同じ。(最近は、1時間以上飛ぶと、精神的に持たないけど)








PB251834.jpg



PB251840.jpg



PB251866.jpg




たまに、日が差したり、雲の隙間も大きくなって、良い感じになってきた。







そして、青空~~~。









PB251848.jpg




PB251858.jpg

自分的には、この一枚がすきかなぁ。




PB251886.jpg

これも、そこそこ、気に入ってる。





この項、終わり。


2018.12.08    カテゴリ: スカイスポーツ気球 

   岩出山バルーンフェスティバル 1

12月6日の午後、街中に居るのに、スマホが圏外になってて吃驚。暫くしたら、普通につながっているんで、あまり気にしてなかった。
ニュースを見たら、かなりの大事になってる。ソフトバンクで大規模通信障害発生だったんだと。
Ymobileは、ソフトバンクの子会社。独自の通信網も持ってるって話でも、多少は影響が有るんだね。なんか未だにネット接続も不安定だし。






さて、もう2週間前になってしまった岩出山バルーンフェスに行ってきた。1日目、2日目は、あまり条件が良くなかったらしく、3日目は穏やかそうなんで夜明け前に出発。


起きた時に、空が曇っていたんで、どうするか迷ってる間に出発が遅れ、現地到着は、気球が飛び立つ少し前。



現地は、厚めのうろこ雲。しかし、天気はすこぶる穏やかで、競技開始時間が近づく。







そして、









手ブレ補正アプリのelmusioで補正。動画編集ソフトのfilmoreで行うと、画角がかなり小さくなるけど、ある程度元の画角を維持してる。補正量を抑えていることも有るが、かなり優秀です。で、ポチッとしてしまいました。



動画の中で、競技開始後に、騒々しく一斉に聞こえてきたのは、気球に空気を入れるための送風機の音。




曇り空で、気球の色が冴えないが、取りあえず、今回は、飛び立つところまで、アップ。


PB251592.jpg

逆光気味で、殆どシルエット。一寸でも、日が差してくれればなぁ。




PB251609.jpg

送風機で、ある程度膨らませた後は、バーナーで、空気を温めてる。




PB251620.jpg



PB251646.jpg

写真的には、これがお気に入り。



PB251661rt.jpg



PB251667.jpg



PB251670.jpg



PB251679.jpg


続く

2018.10.18    カテゴリ: スカイスポーツパラグライダー 

   取りあえず、飛んだ。

パラ仲間の機材に、タブレットが乗っかっていたので聞いてみたら、フライトコンピューターのソフトが有るらしい。インストールしてみようと検索してみたら、アンドロイド専用だった。アップル版も作って欲しいぞ。







さて、先日の続き。午後になって、花立峠の風も良くなり、とりあえず、飛びました。


機体は、試乗機。NOVAのメンター5。以前にも試乗して、テイクオフも楽だし、旋回も思った通りに回れて、凄く良かった。


今回は、体重下限近くで乗ったが、やはり、扱いやすく、下限で乗っているとは思えないくらいスピードも出てた。


ただ、他の人たちがソアリングしている中、自分だけほぼぶっ飛び。一応、タイミングが悪かったと言い訳してみても、やはり、腕でしょう。
機体は素晴らしいので、自分のものにしたいけど、税込定価が、60万近くでは、中々・・・・、手が出ませんよ。中古が出たら、お願いします。



と言うことで、飛んだ証拠写真。


DSC04545-S.jpg

前方を飛ぶ、がらねえ。同じ、メンターの試乗機に乗っているのに、置いてかれました。



DSC04547-S.jpg

大ちゃんと誰か。この人たちにも、置いてかれました。




DSC04548-S.jpg

一人寂しくランディングに向かう。

杉林に、自分(パラグライダー)の影。久しぶりに見たな。


あ、機体の写真を撮り忘れた。



今年、あと一回くらい飛べるかな。




Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog