FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
カテゴリー 《 セリバオウレン 》   全1ページ
このページのリスト

2019.03.23    カテゴリ: 植物セリバオウレン 

   春の花 第一弾

来週から、伊藤若冲展が始まるな。やっぱり、土日は混むんだべか。上野で開催されたエッシャー展を見に行った時は、開館前の行列に唖然としたけど、福島でそんな事は無いよねぇ。どうだべ。考えが甘いか?







さて、人気の無い山の中。水芭蕉の森に行ってきた。



以前、熊やイノシシ軍団と遭遇しているので、途中までは、鈴を鳴らしながら移動。



水芭蕉は、出始め。後1週間くらいしたら、結構大きくなるかも。ただ、今回意外だったのは、雪が少ないとの言葉通り、流れている水の量が、異常に少ない事。夏の水不足を心配してしまった。


IMG_0828.jpg

水は流れているけど、いつもは、この倍以上流れていると思う。





ミソッチは、元気に鳴いていたが、目立つソングポストに出てくれず、撮影は空振り。次回に持ち越しだ。




その代わりと言っては何だけど、ほぼ満開だったのは、セリバオウレン。この花、小さくて地味だから、見栄え良く撮るのが難しいね。









P3213554rtr.jpg



P3213559rtr.jpg



P3213568rtr.jpg

下から、見上げる感じで撮ってみました。








あぁ、やっぱり、花撮り用で、マクロレンズが欲しいな。(と言いながら、もう何年・・・)

2018.04.01    カテゴリ: 植物セリバオウレン 

   小さくて可憐な花、セリバオウレン

我が愛車。毎年2万キロペースで既に13万キロ超え。その割に調子はすこぶる良い。
と、、思ってた。
ある日突然、警告灯が点滅。ディーラーで確認したら、エンジンの燃料噴射系不良による修理で?万円決定。と思ったら、サイドミラーのギア破損で?万円。今度は、車のカギが何時の間にか行方不明。散々あっちこっち探しまくったら、何故か空き缶を溜めこんでいるゴミ袋の底に、『此処に居るよ』見たいな感で顔を出していた。気が付かないで捨てていたらと考えるとゾッとする。オイルカードも新しく買ったりして、滅茶苦茶車関係のトラブルや出費が嵩んでいる。最低でも20万キロ、あわよくば30万目標なので、暫くは何事も無い事を祈るしかない!?











さて、週末は、電車で帰るかとも考えていたが、鍵も見つかり、快調に走る愛車で蔵王の水芭蕉の森へ向かう。



既に雪も殆ど無いけど、水芭蕉にはまだ早い感じ。



P3317848-s.jpg

来週頃が見頃か?



P3317853-s.jpg

フキノトウは、こんな感じ



P3317856-s.jpg

キクザキイチゲも出てました。



毎年、ミソサザイに会いに行く場所に行ったが、流石に昼過ぎていたので、鳴き声も聞けず。



その代わり、満開状態だったのが、セリバオウレン






P3317885-s.jpg

白い点々が、全てセリバオウレン


P3317880-s.jpg



P3317858-s.jpg



P3317862-s.jpg

右下に写っているのが、カタクリの蕾。

セリバオウレンが終わる頃、今度は、カタクリのお花畑に。



P3317907-s.jpg

やはり、この花は、早朝に来て、朝露を纏った姿を撮った方が良い感じになるか?



P3317910-s.jpg




P3317916-s.jpg


近所のカタクリは、満開になっていそうだな。ヒメギフチョウも出ていれば・・・。


あっ、少し離れたところの、イワウチワも撮りに行かなければ!?

2016.04.07    カテゴリ: 植物セリバオウレン 

   花シリーズ 2

アップの写真ばかり撮っていると、本当の大きさが分からなくなってしまう。先日撮ることが出来た蝶々は、撮影してから1年経った結果、脳内で、倍の大きさになっていた。今年会った実物のあまりの小ささにビックリでした。














さて、この花もアップでばかり撮っているので、写真じゃ大きさがわかりませんね。
実際は、花の大きで1cm程度。




IMGP5854.jpg

白い点々が、全てセリバオウレン









これをなんちゃってマクロレンズで、1脚を使いながら撮影するのは、結構辛い。



IMGP5841.jpg



IMGP5833.jpg



IMGP5859.jpg



IMGP5847.jpg



ピント合わないし、ぶれる。三脚を使えば良いだけだが、煩わしいのです。



自分としては、2枚目がまあまあだと思っているけど、これもどうなんでしょうね。



ほぼ腹這いになって撮っている姿は、あまり人には見られたくないが、近づいてくる人もいないでしょう。








予約投稿


次はムラサキのやつですが、少し時間が空く鴨ね。


2009.04.16    カテゴリ: 植物セリバオウレン 

   山の春「白」

 花シリーズ第3弾(大袈裟な・・・)


 カタクリを撮影したこの場所は、カタクリより水芭蕉とドウダンツツジが有名な処。


 でも、水芭蕉の写真は、どうも自分に向いていないらしい。とは言え、撮らないのも何なので、2枚程。

IMGP0004_m.jpg
PENTAX K10D 1/125 F5.6 ISO100 Ev±0 焦点距離300mm


IMGP0092_m.jpg
PENTAX K10D 1/250  F5.6 ISO140 Ev-0.5 焦点距離300mm



カタクリの群落の近くに、小さな白い花の群落があった。この場所には、何故がカタクリは一輪も咲いていない。
IMG_1553_m.jpg
地面の白い点が全て花。

少し近づいて撮ったら
IMGP0035_m.jpg
PENTAX K10D 1/45 F5.6 ISO200 Ev-0.5 焦点距離300mm


名前も知らない花を撮影していると、おばちゃんグループがやって来て、この花の名前を言いながら去っていった(◎-◎)


名前は、「セリバオオレン」と言うらしい。


名前が分かったところで、もう2枚。
IMGP0041_m.jpg
PENTAX K10D 1/60 F5.6 ISO100 Ev-1 焦点距離300mm


IMGP0047_m.jpg
PENTAX K10D 1/15 F5.6 ISO100 Ev-1 焦点距離300mm

上の写真が、今回のお気に入り(^ヘ^)v



それにしても、1/15でもどうにか撮れてしまう手ぶれ補正。大したもんです。



 しかし、写真を等倍で拡大すると、白い花も周りは、パープルフリンジ出まくり。白い色が悪いのか。それともレンズのせい?それとも、カメラのせい?
 まあ、等倍で見ると分かる程度なので、ネット上で見るには問題ないかな。



以上、今週の花シリーズは、在庫終了。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
↑一応参加してます。(またまた、野鳥関係ではないですが)


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog