プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
カテゴリー 《 水芭蕉 》   全1ページ
このページのリスト

2017.04.24    カテゴリ:  水芭蕉 

   水芭蕉で色々やってみた

福島市近郊の桜が散ったら、桜前線は、いつの間にか、青森まで北上。弘前公園の桜も咲き始めたらしい。開花予想じゃぁ、連休前に散ってしまう予想だけど、来週は天気が良くなさそうなんで、意外と持ってしまう気がする(希望的観測です)







さて、先週末。荒沢湿原水芭蕉は、少し旬が過ぎたくらいだったので、今週末は、ビッグな水芭蕉が見られるでしょう・・・・。

蓬莱山の桜は、まだ咲き始めだったから、今週末に満開かな。自分は、野暮用で静岡まで行かなきゃならないんで、一足先に、新緑の山々を堪能してこよう。そんな余裕があるか分からないけど。





それでは、辛うじて、ビッグになる前の水芭蕉。新しいカメラとレンズで、試し撮りっ。





P4160028-s.jpg
現地に向かう途中、朝日が綺麗だった。車を止めて、パチリ。日の出直後だったら、もっと良い感じになったかな。







途中で寄り道したので、約1時間半後に現着。






P4160058-s.jpg
まずは、広角で、急きょ購入したPLフィルター装着!!本当は、霧が出てるくらいの方が、雰囲気出たのか?








P4160066-s.jpg
あえて、逆光で撮ってみた。黒つぶれもしてないし、ゴーストも出てない?中々良いレンズの様です。







P4160040-s.jpg
よくある感じの写真。もっと花に寄りたかったんだけど、木道から落ちてしまう予感が有ったので、思い止まる。







小川の中から、水芭蕉が出ていたので、色々試し撮り。











P4160092-s.jpg
絞り 大、SS 遅め



P4160099-s.jpg
絞り 小、SS 早め



P4160120-s.jpg
距離、約1.5m



P4160133-s.jpg
距離 約3m



P4160140-s.jpg



P4160144-s.jpg




P4160150-s.jpg
帰りに寄った滝の滝壺。虹が写っているけど、殆ど分からないな。


P4160154-s.jpg
滝の上流側。



次は、寄り道した理由について。

2017.04.11    カテゴリ:  水芭蕉 

   まだ早かった。

イノシシ軍団に出会っちまった。小さな小川を挟んで、距離約30m。向こうは7~8頭。圧倒的にやばい状況か?じっとしてやり過ごしたと思ったら、数分経った後、こちらの方に戻ってくるじゃないか!?
距離が20mを切った位になり、この後の展開を色々考えていた時、突然、脱兎の如く散らばっていった。ふうっ、一安心。はち合わせとか子連れでも無い限り、基本的には逃げてくれるのね。一斉に突進してきたらどうしようか考えてしまったよ。
山の中で有った生き物の中で、一番度胸が据わっているのはカモシカ。奴らだけは、こっちに気が付いても全然逃げようとしない。其所を通りたいから、早くどっか行けよみたいな顔でこっちを見てたりする。まあ、牛の親戚だからね。
車へ戻り、駐車場から5~600m走ったところで、なんと、又、別の軍団に遭遇。そのまま、そろそろと車を走らせると、牧場の中を1列になって猪突猛進している軍団発見。あんな勢いで突進されたら、大怪我間違いなしだ。
野生のイノシシを初めて見たけど、最近は多いのかな。
何年か前、熊にも遭遇した事があるこの場所。鈴でもつけて歩けば良いじゃんって話だけど、そうすると鳥も逃げてしまうから、難しいところです。ある意味、鳥見も危険な趣味か?










さて、水芭蕉の様子とミソサザイに会えるか来てみたんだけど、どちらもまだ早かった様。








P4090697-s.jpg










手ぶらじゃ帰れない?ので、新しい機材のテストを兼ねて撮影。







デジスコで水芭蕉を撮るのは、構図が限られるので、中々難しい。







水が流れているところをSS1秒で遊んでみる。







P4090689-s.jpg


P4090686-s.jpg

写真的にはイマイチだけど、中々面白いね。





P4090709-s.jpg
大きく見えるけど実際は、高さで15cmも無い位の大きさ。







雪が解けたところに、早くもあの花が咲いていた。













P4090775-s.jpg

セリバオウレン。写真だと大きく見えるけど、花の大きさで10mm程度の小さな花です。背景の白いのは、雪。










鳥も居たけど、留鳥のカラ類達しか見る事が出来なかった。その中でも唯一まともに写真が撮れたのは。













P4090759-s.jpg
『あ~っ、ヤマガラ、ですっ!!』



P4090761-s.jpg
『んっ?』


この写真は、ISO2000で撮影。等倍で見ない限り、十分な画質だな。








今週末は、あっちこっちで桜が咲きそうだけど、桜メジロ撮りたいなあ。

2016.04.06    カテゴリ:  水芭蕉 

   花シリーズ って言う事にしよう

週明けに福島に戻ってきたら、桜が満開になっていた。一度咲き始めると、本当に一気だね。仙台の桜は咲き始めだったけど、今週末には満開かな。でも、今週末は、帰れないので、










さて、桜じゃ無いけど、花シリーズ続きます(ミズバショウだけじゃ無いよ)


と書きつつ







前回の内容を踏まえつつ






横構図の写真です。


一応、黄金分割を意識して、ピントが合う場所と構図を考えてます。


私の写真センスの評価は・・・・?



IMGP5795.jpg











IMGP5806.jpg











IMGP5823.jpg




何とな〜〜く、自分では満足してるんですが





どうなんでしょ。





あっ、横の構図なので、わざと水芭蕉の全体を入れないで上下カット。全体を入れて引くと、間延びして変かなぁ、って、どうなんでしょ。




という事で、多分、次も花です?

2016.04.05    カテゴリ:  水芭蕉 

   写真の撮り方の勉強

先週末、良い事と悪い事が、色々あった。
良い事。
  暫く故障中だったPCが復活した。
  念願だった或る写真が撮れた。

悪い事。
  写真に夢中になって、犬のフンを踏んだ。
  車をぶつけて、テールランプを破損した。

悪い事は、自分の不注意なのでしょうがない。まあ、他にも、もっと色々有るけどね。













さて、水芭蕉を撮ると、どうしてもアップで撮ってしまう。結局同じ様な写真になってしまう。なので、ピントの位置をずらして撮ってみました。花の写真は、おしべめしべにピントを合わせるのが基本らしいが。












IMGP5824.jpg




IMGP5829.jpg



上は、中の花にピントを合わせた。下は、白い部分(花びらでは無い)にピントを合わせた。前者は、水芭蕉が主人公。後者は、水滴が主人公。ッて感じかな。どうなんだろう。




予約投稿

2016.04.04    カテゴリ:  水芭蕉 

   水芭蕉

先週末、ブログのネタは多少仕入れたが、後は自分のやる気次第。これが一番問題だ。あまり、一つのブログにネタを詰め込みすぎると続かなくなるので、写真1~2枚と文章2~3行にすれば続けられるかな。









と言う事で、第1弾。既に、前置きだけで3行目に突入しているが、気持ちの問題です。


さて、生憎の霧雨です。でも、水滴が花について良い感じになるかもって言うことで、山の方にやってきました。天気が悪いのに、同じように考える人がいる?らしく、先客さん約2名。


水芭蕉自体は、丁度見頃な感じ。



IMGP5813.jpg



IMGP5799.jpg



水芭蕉を引いて撮る時は、縦撮りが多い。何となく、その方が、奥行きが出て良いかななんて。もう一寸、写真雑誌なんかを見て、勉強した方が良いのかな。自分にセンスが無いのは、薄々感づいている・・・。




って、何行書いたんだ?

何だかんだ言って、説明が多いから、長くなってしまうんだな。写真に自信が有れば、一言で済むんだろうけど。





出来るだけ、小出しにして続けます。



予約投稿



は、暫く続く予定


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ