FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2019.06.26    カテゴリ: 温泉 

   一寸息抜き。秘湯レポート

パラグライダー仲間が、ビールケース大の籠に、青梅を大量に入れて持ってきていた。梅酒作成に挑戦しようと、少し貰ってきた。
梅酒用の焼酎?やら、瓶、氷砂糖を買ってきて、瓶に詰める段階で、どう見ても4Lの瓶に入りきらない位の梅の量。重さ約2㎏。
4L瓶で1kg位の量を使うと言う事で、翌日、もう1セットの瓶と酒を購入。どうせなので、もう一瓶は、泡盛で作ってみた。
飲めるようになるのは、3か月後の秋口。
旨く出来たら、オニコウベカップにでも持って行こうか。










さて、思いがけず梅を貰った後、パラグライダーもせずに、有志で向かったのは、秘湯でござんす。




場所は、ヒ・ミ・ツ!!




昨年も、オッサン二人で行ったが、曇り空で、温度も少し温かった。しか~~~し、今回は、天気も温度も完璧でした!!!






IMG_1536.jpg

平均年齢60過ぎ?のオジサン達3人でまったり(*´ω`)





IMG_1543.jpg

下流側。





IMG_1538.jpg

衣服を掛けていた此の枝。漆だそうで、葉っぱや樹液に触るとやばい事になるらしい。周りを見渡すと、漆だらけだった。
知らないと言う事は、恐ろしい事です。
実際、昨年は、一緒に行った友人が、かぶれて大変だったそうです。(自分は、何とも無かった。知らない事は、幸せ?)








なんだかんだノンビリして、鬼首に戻ると、既にパラ仲間は解散して、もぬけの殻。(もぬけって何?)



ここで、我々も解散。1名は、ワラビ採り。1名は、強酸の温泉だったので、やさしい温泉に入り直すと言う事で、鳴子温泉郷へ。
自分は、なるこりんで、ジェラードを食べて帰りました。




IMG_1550.jpg




IMG_1551.jpg

チョコバナナとブルーべりー?のダブル。美味しかったです。








一寸だけど動画もね。雰囲気、伝わるかな。


















赤い鳥シリーズに戻ります。後、1~2回?




2019.06.06    カテゴリ: 温泉 

   鳥ネタが尽きたので、温泉ネタでも

泥湯から川原毛大滝へ行く道が直ったらしいと言う事で、その近くの秘湯に行こうと友人と出発。秋の宮を過ぎて、山道を暫く登った所で、まさかの通行止め。なんと、雪が有って、まだ開通していなかったらしい。
そう言やぁ、山道入り口付近に有った標識に、通行止めと書いてあったのを気にしないで行ったのが運の尽き。下る途中に、何台かの車とすれ違ったので、パッシングしてみたが、反応無し。我々と同じ運命を辿ってください。
迂回していく道も検索してみたけど、死ぬほど遠回りしないといけないので、あえなく断念。
因みに、開通は、2週間ほど先だそうだ。どんだけ雪深いんだろうね。






さて、ではどうしようと言う事になり、秋の宮鷹の湯温泉に行くことにした。ここの温泉は、内湯に深さ130cmの湯舟がある温泉。前に来たのは、もう、15年くらい前か?




IMG_1421rt.jpg




IMG_1423.jpg

11:02?




IMG_1425.jpg




IMG_1426.jpg

左の浴槽が、深さ130cm。右と奥は、普通の深さだけど、自分には、一寸熱め。




IMG_1427.jpg

右の小さい浴槽は、激熱。多分、誰も入れないでしょう。

小さな入口の奥は、打たせ湯と洗い場。




IMG_1431.jpg




IMG_1433.jpg

川から、少し上にある半露天風呂。半露天って言っても、十分な解放感。




IMG_1435.jpg

こちら、もう一つの湯舟。奥に、女性更衣場所からの出口有り。

ただし、無理に混浴しなくても、女性専用の半露天風呂が、この場所より見晴らしのいい場所に有るので問題無し。




IMG_1437.jpg

半露天風呂に行く手前の出口から、川の脇にある露天風呂へ。




IMG_1439.jpg

此方は、途中にある足湯。お泊りの人達は、ゆっくり入れるかも。日帰りは、1時間程度でと言われたので、入っている余裕は無いのである。




IMG_1442.jpg

こちらは、完全に混浴。と言うか、着替え場所も完全オープン!!


見苦しいオッサンが写っていてゴメンナサイ m(__)m






きっちり、1時間堪能して、温泉を後にする。







その後、鬼首から、何故か最上町に移動し、西郷屋さんで、遅すぎる昼飯。










IMG_1443.jpg

手書きで、新メニューと書いてあったが・・・・・。




IMG_1444.jpg

大勝軒風の甘しょっぱく酸味の有る付けダレに、蕎麦をつけて頂く。なかなか、美味しかったです。



今迄、あまり秋の宮温泉に行ってなかったが、なかなか面白い所が他にもあるようなので、機会が有ったら、また行ってみようか。ただ、時間帯が、お昼前後と言うのが、ネックですな。



2018.05.10    カテゴリ: 温泉 

   北へ遠征 9

今回のGW。なんだかんだ言って、1,600km強も走ってた。体がだるいのは、車の運転の所為?






さて、遠征シリーズ最後は、温泉ネタを備忘録代わりに。今回遠征で入ったのは5か所。



最初に入ったのは、深浦にある、ウェスパ椿山の展望温泉。みちのく温泉の日帰りに期待したんですが、やはりやってませんでした。再開は、難しんでしょうね。




2018050623132442d.jpeg



20180506231326b0a.jpeg

夏の天気の良い日には、ガラス張りのドームが開放される。






次は、岩木山の北東側山麓に位置する、北小苑温泉。街中から離れているので、観光客は少ないと思います。

20180506231331954.jpeg



20180506231333581.jpeg


2018050623133543e.jpeg

こんなポスターが貼ってありました。






次は、岩木山を挟んで、北小苑温泉の反対側にある、嶽温泉 田澤旅館。

201805062313277df.jpeg

他の旅館は、日帰り温泉の時間が、15時位迄の所が多いですが、此処は、比較的遅くまで入らせてもらえます。



20180506231328c5d.jpeg

手前は、小さな浴槽。


20180506231329517.jpeg

奥は、広いけど、混浴になってます。





そして、今回のメイン。八甲田温泉。八甲田と言えば、酸ヶ湯が有名ですが、個人的には、こちらの方がお勧めです。

20180506231628ac8.jpeg



2018050623163982a.jpeg

龍神の湯全景



20180506231631e32.jpeg

みるくの湯(内湯)


20180506231637656.jpeg

龍神の湯(内湯)


20180506231633554.jpeg

龍神の湯(露天)


201805062316348ab.jpeg

八甲田元湯(露天)


20180506231636381.jpeg



2018050623164037c.jpeg

ラムネの湯全景


20180506233111f59.jpeg

ラムネの湯。こちらは、人がいて撮れなかったので、以前撮ったもの。今までは、殆ど独り占めだったのに、そこそこ人が入ってた。


201805062331129df.jpeg

同上、吐出口。
名前の通り、炭酸の量が凄い!!





そして、最後が、平川市の新屋温泉。

20180506231629a18.jpeg



20180506231630d4b.jpeg

エメラルドグリーンの湯で有名。全国に何カ所かあるが、平野に有るのは、此処だけらしい。外から見れば、町はずれに有る、普通の銭湯。





連休前半終わり。後半は、のんびり更新予定。

2016.07.02    カテゴリ: 温泉 

   小野川温泉 ナウ

米沢の小野川温泉に行ったら、たまたま、ホタル祭の日に当たったので、そのまま夏祭り満喫ナウ?



ツイッター、やってないので………





20160702210916260.jpeg

夕方の写真なので、ナウじゃないけど………。






午前中に滑川温泉入って


お昼に、中華そば かわにし で、米沢ラーメン喰って


2時過ぎに、小野川温泉 小町の湯に入った所、7/2〜3で、ほたる祭開催をしり、夏祭りを満喫後、雨の中、ほたる鑑賞。現在に至る。


さて、そろそろ寝ます。


因みに、温泉は、ゆで卵臭+
塩っけがあって、美味しかったです。半熟の温泉卵より、ゆで卵を直接温泉で煮込んだ?方が、小野川温泉煮卵とか言って、売った方が、良い様な気がする。
ただの思いつきなんで、既にやってたりしてね。



先日、NHKスペシャルでも特集してた(まだ観てない)御柱祭。そろそろ、備忘録でアップするか?


予約投稿では無く、小野川温泉ナウでした。ー


2016.05.31    カテゴリ: 温泉 

   奇跡と言えるか?(大袈裟だよね)

福島駅前から車で10分程度の市街地で、熊が何度か目撃されて、大騒ぎになっているらしい。今度は、二本松市でも民家があるところに熊が出たとニュースになっていた。
それにしても、この時期に人里へ出てくる理由はなんだろう?








さて、熊が何時出てもおかしくない、山奥の秘湯に行ってきました。湯船に間欠泉がある、日本唯一無二の温泉だそうな。

何時も、温泉やラーメン情報でお世話になっている「マーズれい郎」さんのブログに載っていて、意外と近い事に気がついた。




米沢を抜けて喜多方方面へ、サンマリーナ玉庭ゴルフ場の脇を通って、白川ダム湖公園に行く手前から山中へ、






途中気になる看板発見

20160531201334c95.jpeg



近くで草刈りをしていたオジサンに聞いたところ、入れるけど冷泉なので、湧かさないと入れないとか?湯船があるのかな?ネットで検索したところ、冷泉を持ち帰って、自宅の風呂に入れて使うらしい?冷泉の成分不明。
夏の暑い日に再訪してみようかな。





山の方に向かう分岐に最初の看板発見




20160531061845334.jpeg

シンプルな看板である。



此処から3~4km?行ったところで次の看板

20160531061845847.jpeg



そして、また3~4km走って、次の看板

20160531061845a99.jpeg

次の看板。此処で、舗装路が終わる。

なのに、後8km・・・。




次からは、2km毎に看板というか、標識。

20160531061845017.jpeg

後6km・・・。本当に、この先に温泉有るのか?






201605310618458de.jpeg

後4km。

段々不安になってきた。

不安になっていたその時、あの鳥の声が遠くから聞こえてきた!?

「キョロロロロ~~~~」

この声を聞いただけで、元気百倍








20160531062610d85.jpeg

後2km





そして、唐突に建物が現れた。無茶苦茶山奥なのに結構立派な建物です。建てる時は大変だったろうなぁ。











20160531062610416.jpeg

到着が10時前。入浴は、10時からなので、数人の方が開くのを待っていました。








201605310626105bf.jpeg

こちら内湯。元の温泉の温度が低いので、暖まる為に加温しているらしい。露天と同じ泉質と聞いていたが、この時は若干色が違ってた。



そして、念願の間欠泉付露天風呂


20160531062610089.jpeg

この日は、勢いが若干弱く、せいぜい2m位しか上がらなかったけど、それでも十分でした。適度な気温。温めの温泉。天気は快晴。


最高でした。


2016053106261026b.jpeg






短い動画ですが。




温泉からの帰り道。アカショウビンでも出てこないかと、トロトロ走っていたら、突然目の前を横切っていった!!!!????


結局、その場所で2時間程待ってみたが、再会出来ず。此処は、渓流沿いにつき出てくる場所を予想するのは難しい。待っても会えない確率が大きいと思う。
でも、青森某所と比べると距離が1/5。会える確率を取って遠くに行くか、会えない確率が高いが、近場に行くか。悩ましいところだ。




あぁ。御柱祭備忘録。そろそろ書かないと、本当に忘れてしまいそう・・・。


予約投稿。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog