プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
カテゴリー 《 温泉 》   全2ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2016.07.02    カテゴリ: 温泉 

   小野川温泉 ナウ

米沢の小野川温泉に行ったら、たまたま、ホタル祭の日に当たったので、そのまま夏祭り満喫ナウ?



ツイッター、やってないので………





20160702210916260.jpeg

夕方の写真なので、ナウじゃないけど………。






午前中に滑川温泉入って


お昼に、中華そば かわにし で、米沢ラーメン喰って


2時過ぎに、小野川温泉 小町の湯に入った所、7/2〜3で、ほたる祭開催をしり、夏祭りを満喫後、雨の中、ほたる鑑賞。現在に至る。


さて、そろそろ寝ます。


因みに、温泉は、ゆで卵臭+
塩っけがあって、美味しかったです。半熟の温泉卵より、ゆで卵を直接温泉で煮込んだ?方が、小野川温泉煮卵とか言って、売った方が、良い様な気がする。
ただの思いつきなんで、既にやってたりしてね。



先日、NHKスペシャルでも特集してた(まだ観てない)御柱祭。そろそろ、備忘録でアップするか?


予約投稿では無く、小野川温泉ナウでした。ー


2016.05.31    カテゴリ: 温泉 

   奇跡と言えるか?(大袈裟だよね)

福島駅前から車で10分程度の市街地で、熊が何度か目撃されて、大騒ぎになっているらしい。今度は、二本松市でも民家があるところに熊が出たとニュースになっていた。
それにしても、この時期に人里へ出てくる理由はなんだろう?








さて、熊が何時出てもおかしくない、山奥の秘湯に行ってきました。湯船に間欠泉がある、日本唯一無二の温泉だそうな。

何時も、温泉やラーメン情報でお世話になっている「マーズれい郎」さんのブログに載っていて、意外と近い事に気がついた。




米沢を抜けて喜多方方面へ、サンマリーナ玉庭ゴルフ場の脇を通って、白川ダム湖公園に行く手前から山中へ、






途中気になる看板発見

20160531201334c95.jpeg



近くで草刈りをしていたオジサンに聞いたところ、入れるけど冷泉なので、湧かさないと入れないとか?湯船があるのかな?ネットで検索したところ、冷泉を持ち帰って、自宅の風呂に入れて使うらしい?冷泉の成分不明。
夏の暑い日に再訪してみようかな。





山の方に向かう分岐に最初の看板発見




20160531061845334.jpeg

シンプルな看板である。



此処から3~4km?行ったところで次の看板

20160531061845847.jpeg



そして、また3~4km走って、次の看板

20160531061845a99.jpeg

次の看板。此処で、舗装路が終わる。

なのに、後8km・・・。




次からは、2km毎に看板というか、標識。

20160531061845017.jpeg

後6km・・・。本当に、この先に温泉有るのか?






201605310618458de.jpeg

後4km。

段々不安になってきた。

不安になっていたその時、あの鳥の声が遠くから聞こえてきた!?

「キョロロロロ~~~~」

この声を聞いただけで、元気百倍








20160531062610d85.jpeg

後2km





そして、唐突に建物が現れた。無茶苦茶山奥なのに結構立派な建物です。建てる時は大変だったろうなぁ。











20160531062610416.jpeg

到着が10時前。入浴は、10時からなので、数人の方が開くのを待っていました。








201605310626105bf.jpeg

こちら内湯。元の温泉の温度が低いので、暖まる為に加温しているらしい。露天と同じ泉質と聞いていたが、この時は若干色が違ってた。



そして、念願の間欠泉付露天風呂


20160531062610089.jpeg

この日は、勢いが若干弱く、せいぜい2m位しか上がらなかったけど、それでも十分でした。適度な気温。温めの温泉。天気は快晴。


最高でした。


2016053106261026b.jpeg






短い動画ですが。




温泉からの帰り道。アカショウビンでも出てこないかと、トロトロ走っていたら、突然目の前を横切っていった!!!!????


結局、その場所で2時間程待ってみたが、再会出来ず。此処は、渓流沿いにつき出てくる場所を予想するのは難しい。待っても会えない確率が大きいと思う。
でも、青森某所と比べると距離が1/5。会える確率を取って遠くに行くか、会えない確率が高いが、近場に行くか。悩ましいところだ。




あぁ。御柱祭備忘録。そろそろ書かないと、本当に忘れてしまいそう・・・。


予約投稿。

2015.10.15    カテゴリ: 温泉 

   温泉備忘録 4

オロナイン軟膏のCMで、渓流がそのまま温泉になっている所をが流れていた。検索すると公式HPに場所が載っていた。長野県大町市の湯俣温泉。場所的には、北アルプスの麓辺りか。遠いし、かなり難易度が高そう。








さて、難度は高くないが、一寸前まで道路工事中で延々遠回りしなければならなかった秘湯微温湯温泉に行ってきた。


到着まであと少しの所にススキ野原(牧場か何かだったのかな?)が有ったので、一寸立ち寄り。

_DSC2010_s.jpg

吾妻小富士がもうすぐ目の前。しかし、微温湯温泉の向こうは、行き止まり。小富士に行くには、一旦麓まで戻らなければならないのだ。右奥の尾根筋には、高湯温泉の建物も見えた。






道が緩やかになって少し行ったところに赤い屋根が見えてきた。温泉到着。

DSC01948_s.jpg


DSC01949_s.jpg

入口奥の所に猫ちゃんがお出迎え。って、雰囲気の表情ではない。思いっきり不審者を見る目付きだ。
それにしても、行儀の良い佇まい。これで、手を片方挙げていたら、完全に招き猫。


DSC1950_s.jpg

入口から入って右側の受付。色々と蘊蓄・由来が書いてあります。



DSC1951_s.jpg

こんなのも貼ってあった。先程の猫ちゃんがモデルかな。こっちの方が若干愛想が良さそう。



DSC1952_s.jpg

ぬる湯の番付も有りました。


_DSC1953_s.jpg

細い廊下を進んでいきます。




_DSC1954_s.jpg

猫ちゃんが居たところを中からのぞいてみると、思いっきり睨んでます。

『不審者じゃないよぉ。ちゃんとお金払って入っているお客さんだよぉ』と心の叫び・・。




_DSC1955_s.jpg

再び、廊下を進みます。



_DSC1956_s.jpg

天井が傾いているのは、最初から?



_DSC1957_s.jpg

一瞬???と思った入口。


長くなりすぎたので、別ページに続く。


予約投稿です。
詳細を読む »

2015.10.06    カテゴリ: 温泉 

   温泉備忘録 3

久しぶりに、実家で、あの音を聞いた。不定期に聞こえてくる「ド~~ン」と言う鈍くて低い音。昔は、催し物の花火の音かとも思ったら、王城寺原演習場での射撃訓練の音だ。
実家から、直線距離で約25km。さえぎるものが何も無いせいか、かなり鮮明に聞こえる。






さて、王城寺原演習場近くを通り過ぎて、少し前に行った鳴子。知る人ぞ知る「焼肉 八兆」で焼肉を食べて飲もうと仲間が集合。


早く着きすぎたので、まずは、東鳴子の「なんぶ屋」さんへ。何年か前にリニューアルしたのだが、日帰りが高いので敬遠していたような気がする。現在は、他の温泉と同じ金額になったようだ。


DSC01617-m.jpg




DSC01616-m.jpg


泉質は、東鳴子に多い、黒っぽくて油臭の有る温泉。

お風呂の写真は撮れず。





集合時間までまだ時間が有る。なので、もう一軒ハシゴ。


行ったのは、馬場温泉

DSC01619-m.jpg



の内湯ではなく、離れの方。本館の受付で支払いを済ませ温泉へ。





DSC01621-m.jpg




基本的に貸し切りなので、先にだれか入っている時は、のんびり待つのが基本。






人が入っていない時は

DSC01622-m.jpg

この札を裏返して




DSC01623-m.jpg

これで、OK。

注意書きに、入浴時間は30分以内と書いてあるが、確かにね。






中は、








DSC01624-m.jpg



DSC01625-m.jpg



DSC01626-m.jpg

温泉が、掛け流しで、チョロチョロと出ています。


ぱっと見、他の東鳴子温泉同様の黒っぽい温泉。しかし、この温泉、無茶苦茶熱いのに、アワアワの温泉。かなり珍しい温泉。


熱い温泉は得意では無いので、ジリジリと湯船に浸かると、ほんの1~2分で、体の周りは泡だらけ。


DSC01628-m.jpg



で、1~2分入っていると、激熱で自分には限界です。


なので、30分も有れば十分です。


真冬になったら、また行ってみようかな。




予約投稿です。

2015.10.05    カテゴリ: 温泉 

   温泉備忘録 2

週末、福島~仙台を車で移動する場合、片道約85kmを下道移動。

なぜなら、高速代がもったいないから。










さて、福島から仙台に帰る途中。地図で言うと、東北道蔵王パーキング近くに温泉がある。分かりにくいな。。。

白石インターを過ぎて少し走り、遠刈田方面に向かう県道2号線に入る。東北道と交差する一寸手前に、「黄金川温泉 白鳥荘」の小さな看板がある。
少し、不安ながら、道を進んでいくと、高台の上に、黄金川温泉発見。

_DSC1226-m.jpg


_DSC1222-m.jpg



老人憩いの家とある通り、老老男女が、沢山いらっしゃいました。離れで、カラオケ大会でもやっていたのかな。




_DSC1221-m.jpg





_DSC1220-m.jpg

色々、自由な方が多いのか、注意書きが多い(^ ^;)





_DSC1219-m.jpg

ナトリウム塩化物泉。お湯は、赤茶色で、鉄分も相当多い感じです。



お風呂は、当然人が沢山で撮れるはずも無く。


しかし、外に足湯も有るので








_DSC1224-m.jpg










お湯の感じは



_DSC1225-m.jpg


見た目は、土湯峠の「赤湯温泉」にそっくり。
こんな平地で、こんな温泉に入られるとは・・・。



これから、ちょくちょく、寄らせてもらおうかな。





予約投稿です。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ