FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2020.08.29    カテゴリ:  ヤマセミ 

   来週から9月・・・。

例年、盆休みに遠征して、盆明けから暫く、ブログの更新をするのは、在庫で凌ぐ。って、パターンだった。今年は、遠征不可。その上、別の事で忙しくて、殆ど鳥見してない。






さて、8月更新2回で終わってしまうそう。その上、内容は、7月の鳥見。なので、盆休みに一寸だけやってみた鳥見備忘録。







前の晩、皆とキャンプして、翌早朝、ヤマセミ目当てで早起き。



高台のポイントで待つものの、姿無しの声のみ・・・。出てきたのは、カケス・・・・。







P8162315.jpg

カケスは、出てくれたけど、騒がしいわりに、警戒心が強いんで、遥か遠くです。








遠くでも良いから姿を見たいと思い、河原に降りると、30分もしないうちに登場。



案の定、自分の前を通り過ぎて、遥か遠くの枝に留まった。







P8162329.jpg

デジスコ1250mm相当で、こんな感じ。








P8162354.jpg

3,000mm相当でも、こんな感じ。でも、逢えたから良いのだ。






遠すぎて、絵にもならない感じだった。そうゆう時は、動画ですね。オマケ動画と一緒にアップしておこう。











姿を見られて良かった。


オマケは、カワガラス。こっちも遠かった・・・。










次の、アップは、何時になるかな。あっちの方が早いかも。




2020.08.06    カテゴリ:  オシドリ 

   (    )遠征202007 6

家から一歩。と言うか、家の中からでも、鳥見出来るってのは、中々良いもんだな。しかし、遠くに行かないと逢えない鳥もいる。











さて、遂に声さえも出てこない、赤い鳥遠征の続き。此処からは、オシドリが主役。



アカショウビンを待っている間。時々、姿を現してくれたのは、オシドリの親子。3回登場したけど、タイミング的に、全部違う親子だろう。



雛達は、元気いっぱいで、お母さんの周りを縦横無尽に動き回っている。動きが速すぎて、写真は撮れません。基本、動画ですが、ピントがマニュアルで合わせるため、ピンボケ量産。





まずは、お母さんが、一瞬だけ止まってくれた写真。


P7242278.jpg







次は、動画からの切り出し。激しくレタッチしてます。







P7243187_Moment.jpg









それでは、本編の動画。













オシドリが、後2~3回続く?




2020.08.01    カテゴリ:  アカショウビン 

   (赤い鳥)遠征202007 5

遂に8月。そして梅雨明け?






さて、遂にカッコ書きになった遠征。もはや映像も有りません。



1日目、9時前。遠くで鳴いているアカショウビン。段々近づいてくる感じだったので、ドキドキして待っていた。










声だけでも、と、撮ったイメージ動画(姿は写って無い)











最低でも、3羽以上のアカショウビンが鳴き交わしている。





直ぐ近くまで来た時は、姿を見せてくれないかとドキドキしてたが、願い叶わず。次第に、声が遠ざかっていく・・・・。






そして、その2時間後。



一瞬だけ姿を現したアカショウビン












P7232237.jpg

やはり、近くには来てくれず。





結局、この日は、近くで気配はするものの姿現さず。16時頃まで待って終了。




次回からは、赤い鳥遠征では無く、ただの遠征になります( ̄ー ̄)








2020.07.31    カテゴリ:  アカショウビン 

   赤い鳥遠征202007 4

最近の盆休み前半の動きは、信州方面をうろついてくるってのが定番になりつつあった。福島からだと、北に遠征するのと、距離は殆ど変わらないのだ。
パターンとしては、上高地行って、乗鞍高原に行って、霧降高原に行って帰ってくるってのが基本。基本は、鳥見目的。

しかし、この状況を考えると、山の中とは言え、関東関西からの観光客が押し寄せる場所には、行かない方が良いだろう。岩手で初の感染者も、関東近辺でキャンプして感染したらしいしな。
遭える確率0%だろうけど、もう一度、北に遠征するか、それとも、地元の山をうろつくか。ん~~~~~~。






さて、その北の遠征の続き。






今度は、もう少し見やすい所(何時もの倒木)で、身だしなみを整えだしたアカショウビン様。




近づいてきてくれないので、又動画を撮りました。




下の写真は、1分経過した頃。動画を良く見ると、喉の辺りが微かに動いている様な。パートナーか、ライバルか、それとも、子供か。そのどれかが居たのかもしれないな(想像するのは、自由です。)






P7233182_Moment.jpg

視線の先には、何者が居たのか。。。。













それでは、動画です。





















次回辺りから、赤い鳥遠征なのに、赤い鳥が出てこないかも。


取りあえず、まだ続く。

2020.07.30    カテゴリ:  アカショウビン 

   赤い鳥遠征202007 3

山中での鳥待ちの間は、時間が腐るほどあるので、マスクについてツラツラ考えていたが、自分が感染しているかもしれない前提で、人に移さない為の道具だよね。花粉症のマスクとは、意味合いが違う。
当たり前だよな。でも、マスクをしてれば安全とか思ってる人、絶対居ると思う。






さて、ネタが続かないんで、前々回の写真をトリミング&レタッチ。
背景を暗くして、アカショウビン様を強調してみました。






1枚目は、ノーマル。

2枚目は、コントラスト調整

3枚目は、アンダー部分のみの調整




レタッチとしては、どれが正解???

P7232227tr.jpg



P7232227rtr-c.jpg



P7232227rtr-u.jpg



センスに自信が無いので分からん。





撮り過ぎて、整理が出来んって、言ってみたい・・・。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog