FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
タグ 《O-MD》   全6ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2018.08.23    カテゴリ:  鳥見 

   信州弾丸ツアー 9

ガソリンスタンドのオカモトで行っているサービス、オカ電で電気代を払うと、月50L迄は10円/L引きなる(-500円)と言う事で手続きを行った。オカモトのクレジットカードで、10円引きになるかとおもったら、専用のプリカが送られてきた。これで、50L以上、入れたら、オーバーした分は、通常価格になるのか?(それでも、他の店より安いが)
時々チャージしなきゃいけないから少し面倒。オカモトのクレジットカードで使えるなると便利なんだがな。







さて、乗鞍の続き。鳥見は諦めて、花シリーズ。次は、厳密に言うと花じゃない花。






P8120314-s.jpg

まずは、こんな感じ。








P8120341-s.jpg





P8120308-s.jpg





P8120266-s.jpg

チングルマでした。



続く

2018.08.22    カテゴリ: 植物コマクサ 

   信州弾丸ツアー 8

暑さ寒さも彼岸まで。文字通り、ここの所涼しくて助かっている。でも、なんだかんだ言って、後一月位は、暑い日も有るんだろうな。






さて、下界は、猛暑日になっている中、乗鞍畳平付近は、重ね着しないと凍えるくらいの寒さ。




そんな中、ライチョウ目的情報を元に、富士見岳に登ってみた。



201808182150088e8.jpeg

風速は10m以上有るし、寒いし、標高が高いから、息切れが激しいし、他に人が居ないし、ライチョウもいないし、粘る気にもなれず、心が折れて直ぐ下山。(登るのに30分もかからない場所だが)





その間、心を和ませてくれたのが、高山植物。時期的には、終わりに近かったけど。





そんな中、一番の花は、コマクサ。



荒れたガレ場に咲くこの花を見ると、逞しさと可憐さが魅力的。



以下、いろんなパターンで







P8120201-s.jpg


P8120213-s.jpg


P8120286-s.jpg


P8120292-s.jpg


P8120238-s.jpg




続く


2018.08.20    カテゴリ:  鳥見 

   信州弾丸ツアー 6

上高地での歩数は、相当歩いたつもりでも、15,000歩。でも、デジスコ機材その他で、重量約10Kgの荷物を担いでだから、それなりの運動量だな。年1回、日頃の運動不足を痛感する日。






さて、倒木の上で鳴いていたコマドリさん。満足したのか、移動を始めた。鳴き声を頼りに、ソングポストになりそうな所を観察していると、切株の上に登場。






P8110165rt-s.jpg






P8110168-s.jpg

この写真が、一番かな。



この後、再び、姿を消して、徐々に鳴き声が遠ざかり、終了・・・。




因みに、こんな感じの場所で、撮ってます。


P8110173-s.jpg


P8110178-s.jpg


次は、乗鞍編に続く。

2018.08.19    カテゴリ:  コマドリ 

   信州弾丸ツアー 5

Ymobile。上高地の奥でも、ギリギリ繋がったりして、中々やるなと思ったら、多くの観光客や登山客が来る乗鞍の畳平バルターミナル付近は、圏外。どうなっているんだ。まあ、長年、PHSを使ってきたから、このくらいドオって事ないけど。








さて、ギリギリ圏外だったこの場所。登山客は、たまにしか来ないので、動画もゆっくり取れた。








鳴き声が、谷間に木魂して、良い感じ。





上高地編、もう一回

2018.03.16    カテゴリ:  オオワシ 

   南三陸オオワシ劇場 4

オオワシを初めて見たのは、琵琶湖の某山。海苔の老舗と同じ名前の有名な山。オオワシを見た事より、大砲レンズを構えた人達が何十人も居て、そっちの方に驚いた。それが、もう8年前。いまだに、冬になると渡ってくるらしい。
で、三陸沿岸に、オオワシが来ることを知ったのは、2年前。灯台下暗し。と言うより、知らなさすぎだろう。






さて、そのオオワシの続き。


油断してたら、2週間経ってしまうので、一気に



観察を始めてから3時間が経ち、少し集中力がなくなって来た頃、姿勢を低くして・・・。

P3046752-s.jpg


P3046757-s.jpg







飛び出した!!







P3046762-s.jpg



P3046767-s.jpg



P3046771-s.jpg






残念ながら顔が良く分からないが、飛び出す瞬間は記録出来た。





この後、只管、沖の方に飛んで行ったので、対岸まで行ってしまうのかと思ったら、途中からUターン。





戻ってくるところを激写したつもりが、ピントが合った後にシャッターボタンを押していなかったので、全て撮れておらず、がっかりしたのも後の祭り。



元居た場所はスルーし、遥か遠くの杉林の天辺に落ち着いた。



遠いけど、オジロワシの面白い後ろ姿が撮れたので載せておく。




P3046851-s.jpg



P3046843-s.jpg


なんか、モンペでも履いているみたい。そんなに細い枝に留まらなくても、と思います。



だらだらと続いてしまったので、次は、番外編。


このオオワシも、既に北へ旅立ったのかな。



Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog