FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
タグ 《剣ヶ峰》   全1ページ
このページのリスト
2019.08.28   カテゴリ:《 旅 》
  信州遠征 5
2009.10.02   カテゴリ:《 写真 》
  乗鞍 登山編?

2019.08.28    カテゴリ:   

   信州遠征 5

先週日曜日に放送されたNHKスペシャルを偶々再放送で見た。伴走者って凄いんだな。まさに二人で一人って感じ。1年後の楽しみが一つ増えた。






さて、単独行動は、自由で楽しいけど、たまに寂しく感じた信州遠征の続き。



今回は、思いのほか天気が良かったんで、勢いで登ってしまった、3000m級の『剣ヶ峰』登頂編



と書くと、なんて無謀なって感じだけど、天気が良く、歩く距離や高低差だけ考えれば、地元の泉ヶ岳や禿岳よりも登り易い山。でも、天気が急変した時の事も想定しながら登らないといけません。去年も、ガスと強風で、途中で引き返したし・・・。




日の出を満喫し、富士見岳から、剣が峰登り口の肩ノ小屋に続く砂利道まで一旦降りる。だらだらとした砂利道歩いて行き小屋に到着。途中の展望スポットのような場所で、一寸、スナップ写真。






DSC04713.jpg

何となく撮った写真だけど、これが中々気に入っている。皆、三者三様にしているところが面白い。





肩ノ小屋で、一寸休憩し、いよいよ剣ヶ峰へ。時間はまだ6時半(◎_◎;)






DSC04719.jpg

左奥のピークが剣が峰。写真じゃ分からないけど結構な急勾配。んっ?頂上小屋って??







登るに連れて、急になる勾配。マイペースでゆっくりゆっくり歩き。山頂手前の鞍部に到着。



DSC04722.jpg

この権現池が見えるとこまで来たら後少し。





DSC04723rt.jpg

もう、山頂が見えている。鳥居の横には、社が有って、お参りできます。山頂直下には、売店まで有って、淹れたてのコーヒーを出していた。これが、頂上小屋らしい。





そして、遂に剣が峰制覇。時間にして、丁度1時間。








DSC04729.jpg

左奥に見えるのは、御嶽山。





DSC04727.jpg

北アルプスを一望。




DSC04724.jpg

時間が経ち、雲海もだいぶ切れ目が出てきた。




DSC04730.jpg

御嶽山。単独峰で奇麗な山だ。




DSC04725.jpg

尾根の一番低い所では、長野県側から岐阜県側に、霧が滝の様に流れていく。




霧の滝を富士見岳で撮っていたので追加。





DSC04732.jpg

約180度パノラマ写真。





DSC04733.jpg

下りは、30分(*^-^*)



この時点で、スマホは、とっくに電池切れ。携帯とコンデジも風前の灯火。





次は、一応乗鞍鳥見編。


2009.10.02    カテゴリ:  写真 

   乗鞍 登山編?

 9/26 朝9時発のバスに乗り、畳平バスターミナルに到着したのが10時頃。

IMGP0540-m.jpg

IMGP0545-m.jpg
バスターミナル脇の池。標高2700mです。

IMGP0541-m.jpg

IMGP0549-m.jpg
バスターミナル直ぐ下にある湿地(夏はお花畑になるらしい) ライチョウと書いてあるので、後に1時間程彷徨いたが、見つけられず。その代わりにイワヒバリに会えました。


登山靴の紐を締め直し、例によって、10Kg以上の機材他を背負って、山頂に向けて出発。パンフレットによると、1時間半の行程。

IMGP0573-m.jpg
歩いて直ぐに見えるコロナ観察所。

振り返ると
IMGP0553-m.jpg
バスターミナルが、一寸遠くになりました。歩いてまだ10分程・・・・。



IMGP0577-m.jpg
右端に小さく、バスターミナルの建物

IMGP0568-m.jpg
脇は、一面のハイマツ。この直後に、数mのところにホシガラス(◎-◎)

カメラを用意する間もなく飛んでいってしまった。


IMGP0578-m.jpg
肩ノ小屋手前から見る乗鞍スカイライン。紅葉が見頃です。バスで登ってくる途中、沢山のカメラマンがいました。

IMGP0585-m.jpg
まだ遙か遠くに見える山頂。といってもここから1時間のはず。

IMGP0589-m.jpg
肩ノ小屋脇の登り口。ここからが本当の登りが始まる。

調子に乗って、ドンドン歩くと、標高が高いせいか目眩がします(-.-)


ここからは、ひたすらモクモクと歩きます。ガレ場が続き、結構歩きにくい。そんな中、スニーカーに手提げバッグで登っている女性がいました。まあ、風もなく天気もマアマアだから良いようなもんの、もしガスで何も見えなくなって、気温が下がってきたり、強風が吹いてきたりしたら、どうするんだろう・・・・。



そして、45分程歩いた所で、外輪山の稜線に到着。向こうに見えるのは、火口内にある権現池。

山頂までは後少し(^_^;)
IMGP0596-m.jpg

IMGP0599-m.jpg
スカイラインもかなり下にみえます。

IMGP0602-m.jpg
長野県側からは、時折大きな雲が下から湧いくる(◎-◎)

IMGP0609-m.jpg
岐阜県側は、雲海っぽいです。

IMGP0610-m.jpg
いよいよ後少し(^○^)


IMGP0631-m.jpg
人生初、3000m越の地面に立ちました。(大袈裟かなぁ)

IMGP0614-m.jpg
流石、信仰の山。山頂でお参り出来ます(^^ゞ

IMGP0630-m.jpg
こんな感じの所を下っていきます。

IMGP0624-m.jpg
再び、権現池



そして、最近お得意のパノラマ合成写真。山頂から見た火口です。
乗鞍パノラマ-m
クリックして、大きくした方が面白いかも。

途中で、昼飯を食べて、一気に(と言っても50分)下山しました。




いやぁ~、一寸長すぎたかな。

先週末は、伊良湖岬に行きましたが、まだ、乗鞍で引っ張ります・・・・。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
再び、鳥見では有りませんが、気が向いたら、クリックして下さい。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog