FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2020.04.13    カテゴリ: 植物セリバオウレン 

   山の花は、咲き始め(4月5日)

一寸前、チコちゃんに叱られるで、『歳をとると涙もろくなるのは何~~故?』ってやってた。
それは、『脳のブレーキ(抑制力)が効かなくなるからぁ~』だって。共感する心の方が上回っちゃって涙が出てしまうらしい。なんか納得。
もしかしたら、年配の方が、キレやすいのもそれが原因なのかな~って思ったり。自分も些細な事で、しょっちゅうイライラして、その度に、深呼吸しているのは、此処だけの話。







さて、鳥の声などを聴いていると、深呼吸しなくても穏やかになれる山の続き。




逢いに来たミソッチに振り回され、良い感じには撮れず。良い場所に留まってもカメラの方が間に合わず、思わずイラっとして、深呼吸・・・。



P4051758.jpg

鳴いたと思ったら、直ぐに移動してしまうミソッチ。まだ、縄張り巡回と、お相手探しの真っ最中なのか?







主役待ちの間、お花の写真を






セリバオウレンは、満開。



P4051797.jpg




P4051812.jpg




P4051806.jpg

後方に広がる白い点が、全て、セリバオウレン









P4051814.jpg

キクザキイチゲ、まだ咲き始め。






P4051820.jpg

カタクリも咲き始めな感じでした。





此処のカタクリが咲き始めなら、街中の公園は満開だろうと言う事で、自宅近所の公園に移動。





続く。

2020.03.23    カテゴリ:  エナガ 

   近郊の下見。

花の開花も随分早いらしいから、冬タイヤも前倒しして交換してしまった。天気の悪い時に、山越えでもしない限り大丈夫。だろう。







さて、昨日は、天気も芳しくないので、近郊の様子を探ってきた。



先週、荒沢湿原に行ってみて、泉の方もどうかと思って行ってみたら、案の定、道路に全く雪は無く、普通にスプリングバレー迄走行可能。登っている途中、ミソッチが元気に鳴いていた。



雨脚もそれなりだったので、そのまま下山。



泉ヶ岳スキー場から少し下ったところの水芭蕉は、まだ早い。荒沢湿原の方は、今週末位から見頃じゃないだろうか?

image3.jpg




梅が満開だと言う近所の公園に立ち寄って、梅メジロを狙うものの、肝心のメジロの気配無し。


公園入り口付近を歩いてみると、









P3220996.jpg


image0.jpg

葉っぱだけじゃなく、明日にも咲きそうなカタクリもチラホラ。後、2週間もしたら、あの蝶々も出てくるかも。今年もタイミングが合えば良いけど。







鳥の方はと言うと、冬鳥のジョビちゃんが、まだいらっしゃいました。






P3221000.jpg

『そろそろ、北に帰ろうかしら・・・。』





今年は、当り年だと言うキクイタダキも登場。





P3221084.jpg

彼らのすばしっこさは、デジスコには、大敵です。今回も頭の黄色は、僅かに見える程度・・・。




一緒に現れたのは、エナガの夫婦?


一羽のエナガが、木の二股になっているところに暫く居たので、写真を撮ると??






P3221155.jpg


P3221140.jpg


P3221144.jpg


どうやら、巣作りをしている模様。公園のベンチのほぼ真上だ。此処に営巣してくれると良いな。雛が巣立ちしたら、エナガ団子が見られるかも。それまで、暖かく見守ろう。





そのエナガちゃん。少し離れた所に行った時に、一寸睨まれた。







P3221253.jpg

あんまり、近づくなよって、忠告されたような。




P3221265.jpg

『宜しく頼むぜっ!!』





カタクリも含めて、此処に来るのが楽しみになった。これから、あっちこっちで花も咲き始めるし、何処に行くかの判断がなかなか難しくなるぞ。


つぎは、先々週の荒沢湿原?


なんか、順番が滅茶苦茶になってきた。

2019.04.13    カテゴリ:  ヒメギフチョウ 

   里山の花達 2

週明けの雪には吃驚したね。しかし、自分も先週末、タイヤ交換実施済。流石に、もう大丈夫か。
スリップサインが出てた夏タイヤを、タイヤ交換とともに、新品に変えた訳だが、工賃他で、八諭吉越え。6月には、車検だしなぁ。幾ら掛かるかなぁ。







さて、バリバリ新品のタイヤで行った、あっちこっちの里山の続き。




最初に行ったところのカタクリは、他の花同様に少し早い感じ。




P4074540.jpg



ヒメギフチョウも探してみたけど、姿無し。以前から、見た事が無いので、居ないのかな。アカタテハは、1頭だけ確認。




気を取り直して、別の場所に移動。




此方のカタクリも若干早いせいか、数が少ない感じ。

P4074668.jpg

上の写真と似てるけど、全然別の場所。



P4074678.jpg

カタクリは、花が下を向いている花なので、天気の良い日より、若干曇っていたり、朝露や雨粒をまとった感じの方が、綺麗に撮れると思う。






やはり、ヒメちゃんは、ダメかと待っていると、2頭のヒメちゃんたちが、ヒラヒラと飛んでるのを確認。




P4074688.jpg

時々現れては、そのまま通り過ぎて行ったり、枯葉の上に留まったりして、こっちの思惑通りには、中々行かない。




通りかかった方と、お話ししていると、再び、ヒメちゃん登場。

2019041208542762c.jpeg





カタクリに留まると良いねぇ、と話していると、思いが通じて、留まってくれた。




以下、背景が五月蠅いので、がっちりトリミング。







20190412085423463.jpeg





201904120854283f1.jpeg




201904120854247a5.jpeg

ほぼ等倍位迄トリミング。モザイク模様の様な鱗粉が綺麗!!
(写真クリックで大きく)




そして、ヒメギフチョウが現れるのに、カタクリより大事な花が、コレ。








P4074652.jpg

ウスバサイシン



ヒメギフチョウは、この野草の葉の裏にしか、卵を産まないとか。(これも、通りがかった方に教えて貰った)





P4074687.jpg

地面ギリギリに花が咲くなんて、何て捻くれた花。もしかして、受粉するのには、蜂や蝶を使うのではなく、蟻などにやってもらう戦略なのか?


ヒメギフチョウも、何で、ウスバサイシンだけなんだろう?


自然の世界は、不思議がいっぱい。


この項、終わり。

2018.04.19    カテゴリ: 植物キクザキイチゲ 

   スプリングエフェメラル 9

桜前線が、宮城を過ぎてから、かなりゆっくり北上している様だ。今週末辺りだと、北上展勝地が丁度見頃だろうか。しかし、弘前公園の桜もそろそろ咲き始めているらしいので、連休の頃は葉桜か。ここ2年ほど、深浦経由で弘前に抜けて帰ってくると言うのをやっているが、今年はどうしようか。夏鳥前線も停滞中な感じがする。







さて、コゴミとウルイを採ったのは、泉ヶ岳山麓に近い雑木林の中。ここのカタクリもピークだった模様。




そろそろ飽きてきたカタクリを一枚。

P4158130_s.jpg







傍らでは、紫色のキクザキイチゲが咲いてました。









P4158131_s.jpg





P4158144_s.jpg





コゴミが生えていた場所は、ヒトリシズカが群生している場所だが、コゴミ採りに夢中になって、撮るのを忘れた・・・。





2018.04.18    カテゴリ: 植物カタクリ 

   スプリングエフェメラル? 8

福島から仙台に帰る途中。菅生から生出に向かって県道を走っていたら、道端にカモシカ!!??
こちらを見て、慌てて藪の中に消えていったけど、まだ食べ物が少ないから、人里に出てきたんだろうか。これがクマだったら大騒ぎだ。結構な山奥ってわけじゃないんだけど。






さて、先週、コゲラさんと会った、蔵王の水芭蕉公園は、水芭蕉自体は、ほぼ終わり掛け。


一応、断っておくと、水芭蕉は、スプリングエフェメラルでは無いですね。初夏の頃のデカくなってお化けになったそれを見ると、一寸がっかりするかも。春先の可憐な姿とは、似ても似つかない。





P4140384-s.jpg





まともな写真を撮っていないなと思い、1枚だけアップで撮ってきた。(実際は、露出とアングル、構図を変えて複数枚撮った中の一番気に入った1枚)
















P4140395-s_201804150804161c9.jpg








カタクリは、標高も高い所為か、最盛期だった。しかし、朝早かったので、花びらが開いておらず。雰囲気だけでも。朝露が付いているのを期待してきたんだが、思ったより冷え込まなかったようで、駄目でした。










P4140400-s.jpg




P4140493-s_2018041508042620c.jpg

こちらの2枚は、デジスコで撮影。10M以上離れた所から、換算焦点距離1,250mmで撮影。



超望遠での花の撮影は、アングルが限られるけど、ほぼ真横から撮れるので、意外と便利。



キクザキイチゲは、葉っぱは出ていたが、花はまだ蕾だった。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog