プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。

2017.07.21    カテゴリ:  鳥見 

   22時間待って、5分・・・。そんなもんです。

1日目11時から6時間。2日目5時から8時間。3日目5時から8時間。小さな折りたたみ椅子に座って、殆ど身動きもせず、もしかしたら、エコノミー症候群にでもなっちまうんじゃないかとか、変な想像をしてしまう。
他の場所と違って、廻りに誰もおらず、遊歩道からは影になっているし、携帯も通じない。なんかあっても、発見されるのには時間が掛かるだろうなぁ。
こんな事をさせてしまう彼の鳥は、やはり、魔性の鳥だ。






さて、1日目は、声さえ聞けず。2日目は、本降りの雨の中、一瞬だけ姿を見せたが、それっきり。少し前から来ていたのかもしれないが、それに気付かず・・・。3日目は、声は聞こえたりするので、近くにいる気配はあるが、降りてきてくれず、お昼が近づくにつれ、諦めモードに突入。



11時前、再び、鳴き声が近づいてきて、頭上で止まった。降りてきてくれと念じると、前回同様に、30m以上離れた場所にオレンジ色の影が!!







































P7172800_s.jpg

まともな写真は、これ一枚。距離、30m以上。換算焦点距離1,250mm



この距離で、こんだけ撮れれば、十分。(前回も、同じ様な事を書いた様な?)





と言うか、取りあえず、出てきてくれて有り難う!!(心の中で、合掌)








P7172809_s.jpg


キャッチライトしてないけど、良いの。




貴重な時間、よせばいいのに、動画も一寸。

















この後、2~3回ダイビングしたものの、葉陰からは出てきてくれず。まるで、こっちの事を分かっていて焦らしている様な気がする(被害妄想か)



再び、全身を見せることなく、森の奥に消えていった。





これで、今シーズンのアカショウビン詣で終了。結局、1回も近くに来てくれなかった。今迄で始めてです。





ガイドさんが話していたのを聞き耳を立てていたら、今シーズンは、飛来したアカショウビンの数が少ないらしいとの事。このアカショウビンも、頭上で寂しそうに鳴いていたので、ペアリング出来なかったのかもしれないね。




懲りずに、来年も来てくれよ!!

(おまえもな!!って言われるか)

その前に、駄目元で、また行ったりして。8月にはいると、かなり厳しいしなぁ。



因みに、自分は、走行距離1,000km強でしたが、連休中の車のナンバーを見ると、北海道から、関東・関西まで、色んな処から来てた。多分、自分より長期で来ている人達が多いと思うけど、頭が下がりますね。成果は、どうだったんでしょうか。一寸だけ気になるな。



さて、ネタ切れ。後は、今回撮った夕日の写真でも。

2017.06.29    カテゴリ:  アカショウビン 

   気が付けば、奴は、いる

『イガイ星人ジャパパーン』と言う番組で、有名メーカーが造っている意外な物を特集してた。自分的には、製薬メーカーのイメージ(ウナコーワ、Q&Pコーワゴールド等)の興和が、フィールドスコープも造っているのは意外だった。普通の人は、どっちも興味無いか。








さて、自分のスコープも興和製 プロミナーTSN-774(中古)。これのお陰も有って、遠くのアカショウビンも綺麗に見れます。



3度目は、また約2時間後、頭上の上では、ペアの追いかけっこと思われる鳴き声は聞こえるけど、下には降りてきてくれない。



まだ、付き合い始めたばかりのカップルなんだろうか。子育てが始まれば、池に降りてきてくれる事も多くなるはず。



今回も、いつの間に来たのか全然分からなかった。



この後、突然、こちらに向かって飛んできたので、近くに留まってくれると思ったら、ほぼ真上の枝に留まり、後方から聞こえる彼女へのラブコール。写真を撮る体制になれず、網膜に焼き付ける事しか出来ず。


















P6252309_s.jpg
1250mm




P6252314_s.jpg
3000mm




次は、何時行けるかな。今度は、せめて正味2日間にしたい・・・。

2017.06.17    カテゴリ:  鳥見 

   動画シリーズ始めました 4.1

前回が、一寸重めの動画なので、早めの気分転換用に、別の動画を載せておこう。

そういえば、Facebookにリンクは、動画だけだと、FC2のロゴしか載らないのね。動画の切り取り写真でも貼った方が良いのかな。













さて、今回の動画は、アカショウビンの毛繕いです。水浴びをした後、毛繕いと嘴の手入れの繰り返し。


動画の最後。背後を横切る謎の動物が・・・。













水浴びを繰り返し、只管、毛繕いと嘴の手入れをしています。デート前の準備か?

距離が、6~7mしかないので、画面からはみ出してます。









背後を横切った動物の正体は、タヌキ。対岸から、池の縁を歩き、こちら側に来ても、私に気が付かず。別に、ブラインドで隠れているわけでも無いのに・・・。視線が低いから気が付かないのか。たまには、周囲警戒した方が良いのにと思ってしまう。


山の中で出会ったタヌキは、大抵、こちらに気が付かず。すぐ近くまで来て、ビクッ!?とする。そして、慌てもせず、ゆっくり遠ざかるパターン。図太いのか抜けているのか、良く分からんです。



次は、何にしようかな。

2017.06.17    カテゴリ:  鳥見 

   動画シリーズ始めました 4

今回は、楽しい動画では有りません。










この動画は、約3年前に撮影。わざわざ載せる必要も無いかと思い、アップしてませんでした。


鳥達には、こんな面も有るんだと言う事で、載せてみます。





状況は、何時もの定位置で、アカショウビンを待っていると、40m位離れた遊歩道の先から、けたたましいアカショウビンの鳴き声が聞こえてきました。


取り敢えず、近づいて行くと、20m位先で、ヒステリックに鳴きながら飛びまわるアカショウビンを発見。その時撮った動画がこれ。


あまりの様子に、カメラを置いて、遊歩道を進んでいくと、犬連れの男性が、コンデジを構えて座っていました。


頭上には、大きな倒木が有り、多分、この木に営巣していたのだと思います。


人通りが殆ど無い遊歩道。その真上に巣を造ってしまったアカショウビンも災難。今までは、たまに人が来ても、通過するだけだったので、やり過ごしていたのかも。


しかし、この時は、犬を連れていたのが災いし、過剰に反応してしまって、逆に存在を教えてしまった様な気がします。


男性も悪気はなかったと思いますし、目の前を珍しい赤い鳥が飛び回っていれば、写真を撮りまくりたい気持ちも分かるような気もします。

営巣放棄してしまう可能性も有るので、移動してほしいと頼みました。どこからか突然現れたオッサンに移動してくれと言われて、少しムッとしていたようですが、緊急事態です。言葉足らずだったかもしれませんね。


この後、やっと静けさが戻りました。しかし、既にアカショウビンを待つ気もなれず、自分も敵とみなされてしまったかもと思い、早めに引き上げました。


この時の雛が無事に巣立っていて、今年もこの場所に来てくれていればいいな。








全身を強張らせ、見たことが無い形相で、下の方にいる何かを威嚇してます。良く聞くと、雛の声らしき音も入ってます。

何時も見ている愛らしい表情とは掛離れているので、少なからず衝撃を受けました。





自分も、こんな表情をさせない様に注意しなければ。




次からは、普通のほっこり動画に戻ります。



そろそろ、アカショウビンは、飽きたかな。

2017.06.14    カテゴリ:  鳥見 

   動画シリーズ始めました。 1

ネットニュースを見ていたら、面白い記事を見つけた。森の中の泉から、コップ1杯の水を採取して、それから、その地域に住んでいる野生動物を特定できる技術が開発されたらしい。どんな風に特定するんだろう。







さて、何処かの森に、アカショウビンが居るかどうかが分かる技術が有ればなぁ。アナログだけど、鳴き声が聞こえるとか位しか無いかなぁ。




まずは、旬のアカショウビンから、結構撮っているので、これだけでも、それなりに時間稼ぎになるか?






5年前に、初めて撮った動画。

雨の中、段々、こちらに振り向きながら鳴いてくれているところが気に入っている。


この時は、雨が降り出して、他の人達が退散した後、最後まで残っていた私だけのご褒美でした。



次も、アカショウビン。かな。


Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ