FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
最近の記事

2019.11.06    カテゴリ:  鳥見 

   ジャパンバードフェスティバル(JBF)2019 2

通販アプリWISHで注文した商品がやってきた。GOPROみたいな奴。送料込み3,219円中国製。
基本、パラグライダーでしか使いそうに無いので、先日買ったハンモック同様に、押し入れの隅で春を待つことになるかも。そう言えば、送料278円のサングラスもそろそろ来る頃かな。
写真と実物が違うなんてのも良くあるらしいから、期待しないで待ちましょう。既に、来てる2品も、使えるかどうか分からんし・・・。安物買いの銭失いかどうかは、来てのお楽しみ。






さて、JBFの続き。

アビスタに到着した後、写真展の方を見てから講演会に行くつもりが、思ったより時間が無く、講演会場に直行。後に起きた事を考えるとこれがかえって良かったのかもしらん。



会場に入り、取りあえず、最前列の端っこに座る。




20191103212329e2c.jpeg

分り難いけど、『全日本”鳥”フォトコンテスト2019講演会』と書いてある。




今回、入賞した作品を中心に、プロカメラマンの方々が、何が良かったかとか、こうしたら良かった等、寸評をしてくれます。


写真コンテストで選ばれるには、こんな点に注意すると良いとか、意外と、カメラマンによって、色々考え方が違う事も有るんだなとか、成程と思う事も多かった。


そんな中、ある程度進んだところで、突如、自分の写真がスクリーンに登場。デジスコで撮ったのが凄いと言う事で選ばれたようですが、理由がどうであれ、紹介されたのは素直にうれしい。




時間もあっという間に過ぎて、講演終了。明るくなったところで、講師の方々の記念写真を撮っていた場所に、自分も居たので、便乗して一枚。



20191103212330d1f.jpeg

左から、中野泰敬さん(野鳥写真家)・戸塚学さん(野鳥写真家)・叶内拓哉さん(野鳥写真家)・♪鳥くん(我孫子鳥の大使)






で、良い気分で、写真展も見に行って、入賞した方達の写真を見て、これは、こうだからこの賞を取ったんだなとか考えつつ、見て回る。


そして、自分の写真を見つけた瞬間。


凄い違和感。なんと、横向きの写真が、縦向きで展示されてるぅぅぅぅぅぅ。












20191103212332e4d.jpeg

これでは、写真のインパクトが伝わらないよ。

仮にも入賞した作品なんだから、間違いないか確認位してくれよぉぉぉぉぉぉ。前日からの開催だから、1日半、この状態で展示されてたって思うと、凄く残念でがっかりした。


スタッフの方に話をして、直してもらったけど、後の祭りですな。



2019110321233393f.jpeg

縦と横じゃぁ、写真の印象が全然違う気化するけど、どう?







巡回バスに乗って、再びイベント会場に到着。すると、さっき、進行役をしてた鳥くんが、ステージ上で歌ってた。歌手活動もしてるだねぇ。歌は、ツルの歌とかツバメの歌とかだった。

PB031893.jpg






3時過ぎ、来年は、デジスコでグランプリ撮って、『今回の様な事が絶対ないようにしてやる』と、決意を新たに会場を後に。




で、帰りは、下道で350km帰る気力も無く、途中から高速で帰りました。




おしまい。

2019.11.05    カテゴリ:  鳥見 

   ジャパンバードフェスティバル(JBF)2019

遥か昔、デジスコ写真展に自分の写真が採用されて、新宿のニコンブース迄見に行った時、新宿駅前で職質をされた結果、一寸逆らったら、警察まで連れていかれ、持っていたツールナイフも没収された。刃渡り5センチしか無いので、銃刀法にも引っ掛からないものなんだけど、東京ど真ん中で、そうゆうものを持ち歩いている事自体が駄目なんだろうね。






さて、今回、フォトコンテストで、自分の写真が採用されたので、話(ブログ?)のネタに、行ってきた。2日は仕事だったんで、それが終わってから出発し、下道で約280km。到着時には、とっぷりと日が暮れていた。

公園の駐車場で、車中泊しようと、ノンビリしていると、22時過ぎに、千葉県警パトカー登場。根掘り葉掘り聞かれ、所持品も入念に調べられた。当然、上述のツールナイフ(同じのを再購入)も見られたが、色々、逆らうと、ロクな事が無いので、粛々と対応して終了。『気を付けてね』と言う言葉を残して去って行った。

その時、JBFを見に来たと言ったんだが、『JBF???』。地元開催の催し位、知っておきなさいよって感じです。






翌朝、夜明け前に起きて、鳥見しようと思ったが、勝手がわからず、写真無。





20191103212325c2f.jpeg

曇りの予報だったが、意外と夜明けは綺麗でした。





一応9時半開始と言う話だったけど、特にアナウンスも無く、フェスティバル開始。会場入り口付近で、我孫子市の職員の方達が、ペットボトルの水を配ってた。無料と言う事で、有難く頂く。



20191103212327729.jpeg

我孫子の水道水の美味しさをアピールするための物らしい。『水道水かよ』なんて事は、言ってはいけない。実際、美味しかったですよ。









20191103212326c67.jpeg

後は、光学機器メーカーのブース。



オリンパスブースで、話題の150-400mmズームレンズの事を聞いてみた。結果は、何の情報も来ていないので、何にも分かりませーんと言う回答。
このレンズ。1.25倍のテレコン付きだから、換算焦点距離は、375-1000mm。これに、別売の2倍テレコンを付ければ、750-2000mm。
もはや、デジスコの領域に完全に入ってる。一度は、触ってみたいけど、価格はトンデモナイ金額と予想される。(自分のデジスコセット1式買える位か?)まあ、眼デジの大砲レンズよりは安いかもね。




色んなブースの中で、シマエナガの写真集で有名な小原玲さん本人が店頭販売してたんで、『もっとシマエナガちゃん』を購入し、サインして貰ったミーハーな私。(今時、ミーハーなんて言葉は死語?)



20191105200547f52.jpeg

20191105200548781.jpeg





別会場のアビスバで、『全日本鳥フォトコンテスト in JBF2019』に入賞した作品について、プロカメラマンによる寸評等が聞ける講演会が有るので、巡回バスに乗って移動。



そして、現地では、良い事と悪い事が交互に降りかかる。やはり、日頃の行いの所為かねぇ。




つづく

2019.10.27    カテゴリ:  鳥見 

   蕪栗沼に行ってきた 3

少し前まで、暑い暑いと言ってたのに、来週から11月。今年も後二ヶ月。油断してると、あっと言う間に年末だ。








さて、油断してたら、1週間経ってしまったんで、続きを




沼の東側に移動途中。枯れ木の天辺に、小型の猛禽を発見。何時ものノスリかなと、取り敢えず、双眼鏡で確認。




ハヤブサ

PA201761.jpg





PA201771.jpg

もう一寸、ズーム。でも、???






PA201775.jpg

胸側がハッキリと分からないけど、胸の模様が縦の斑模様なので、ハヤブサの若か、チゴハヤブサじゃないか?



これ以上は、分かりません。でも、ここでは、あまり見かけないのでラッキーかな?





この後、沼の方に行ってみたが、小鳥の冬鳥は見当たらず、カモさん達で、飛び物練習して終了。



PA201853.jpg











今週は、鳥見してないので、ネタ切れです・・・。

2019.10.23    カテゴリ:  マガン 

   蕪栗沼に行ってきた 2

先週のNHKの達人×達人は、レキシさんと三宅裕司さんだった。レキシって誰って思ってたら、『キラキラボ?シ~~』って歌ってる人だった。今度、アルバム聴いてみようかな。嵌まってしまいそうな感じ。







さて、マガン達は、既にかなりの数が来ている様で、夜明け前の飛び立ちは、そこそこの迫力でした。








大画面で見たら、多少の迫力は伝わるか。


マイク部分にスポンジを貼っているが、風切り音防止の効果無し。もっと、工夫が必要そう。外付けマイクを付けるしかないのか?


動画自体は、思いっきり手持ち撮影でも、EM-1の強力な手振れ補正で、まずまずかな。






日の出は、雲に阻まれてイマイチ。











PA201567.jpg

でも、かえってドラマチックになったか?




PA201582.jpg




PA201601.jpg




PA201662.jpg




PA201718.jpg




PA201737.jpg




PA201741.jpg

既にどのくらいの数が来てるんだろう。この中にシジュウカラガンやカリガネも居たのかもしれん。しかし、自分には、カリガネが居ても分かりません。


2019.10.22    カテゴリ:  オオハクチョウ 

   蕪栗沼に行ってみた

先日、自宅周辺で、ジョウビタキの地鳴きを聞いた。例年、秋口に現れて、何時の間にか居なくなる。自分にとっては、金木犀の香りが、何処からともなく香ってくるのと同じで、秋を感じる一つだ。
でもね。住宅地の近所でジョビを見かけても、デジスコ担いで写真を撮るわけにもいかず・・・。






さて、冬鳥も結構来ている。小鳥は別にして、ガンカモ類はかなり来てるみたいなんで、蕪栗沼に行ってきました。



蕪栗沼周辺は、遊水地となっているから、沼水位が有る程度になると、西と東の田圃に水が流れるようになっている。



先日の台風時には、この田んぼにも水が流入した後が残っていた。








PA201416.jpg

真ん中辺りの白いラインが、蕪栗沼からの越水の流入箇所。上流から流れてきたと思われる牧草ロールが、土手沿いに散乱してる。




PA201438.jpg

これのロール。どうやって撤去するんだろう。人力じゃぁ、どうもならんだろうし。




PA201699.jpg

水位が何処まで上がったか、良く分かる写真。




PA201705.jpg




PA201670.jpg

まだ、水が引いていない田圃には、ハクチョウたちが休憩中。




PA201681.jpg

ハクチョウたちの手前の点々は、マガン達。既に、何万羽のガンカモ達は、台風の時、どうしてたんだろう。







Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog