FC2ブログ
プロフィール

MrB

Author:MrB
パラグライダーと鳥見のため、宮城県近郊の野山を彷徨いています。のはずが、現在福島にいます(^-^)/
色々あって、更新が滞っていますが、ボチボチです。

カウンター
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
写真等について
載せている写真は、リサイズされています。写真をクリックして頂ければ、本来の解像度で見て頂けます。是非一度、クリックを(^_^)b
写真等は、著作権を放棄していないので、無断転載等は、ご遠慮願います。まあ、そんな奇特な人は居ないと思いますが・・・。
 全242ページ
このページのリスト
► 次のページへ
最近の記事

2019.04.18    カテゴリ: 植物水芭蕉 

   蔵王と船形

前に使っていたiPad Pro 9.7インチ Wi-Fiモデル 256GB(3年前のモデル)が、約39,000円で買い取り決定。

iPad Pro 11インチ Wi-Fi 256GB 2018年秋モデルを104,800円で購入し、Tポイントが、約9,400円。価格.COMだと、タイミングによっては、10万切った値段で買えるけど、Tポイントを含めると、ヤホーの方がお得だった。

結果的には、ポイント含めると、56,400円。メーカー直販では、約115,300円なんで約半額。
iPadは、綺麗に使って、付属品も取って置けば、ノートPCよりかは、高値で買い取ってもらえる感じがするな。







さて、サシバ編は、後にして、花の時期は、あっという間に終わってしまうので、こっちから。



先週末、鳥見がてら、水芭蕉が見られる場所に2か所行ってきた。



まず、蔵王の水芭蕉の森。



案の定、先週の雪ががっちり残っていて、木道も雪だらけ。


P4134749.jpg


P4134745.jpg

朝の内は、凍っていたけど、日が昇って溶けてきたら、長靴忘れてきてしまったんで、もう、靴の中はグチャグチャ。



肝心の水芭蕉はと言うと、時期的には見頃のはずだが、雪でだいぶ隠れていた。見えている部分も、先日の雪の所為か、茶色くなっていたり、凍みたように斑になっている。


P4134732.jpg



P4134740.jpg


P4134795.jpg

雪の白と対比するせいかもしれないけど、若干色味が悪いかな。










この場所での写真的なお気に入りは、










P4134852.jpg

白い部分が、若干斑になっている。先端は、欠けてしまっていたんで、あえて隠しました。



雪に覆われても、がんばってるって感じがする?












今度は、船形連峰の荒沢湿原。



水芭蕉も見頃で、先日の雪の影響は無し。



こちらの水芭蕉は、幾つか固まってグループを形成していることが多い。場所によって、植生が違うのは面白い。

P4144925.jpg



木々が密集していないし、木道も広いので、見に行くならこっちの方がお勧めカモ。

P4144972.jpg



P4145018.jpg



P4145115.jpg

これだけは、デジスコで撮影。10m以上離れて撮るので、低い位置で撮ったように見えるのが利点。







写真的には、これが一番のお気に入り

















P4144956.jpg






さて、サシバ編に戻る?

2019.04.16    カテゴリ:  キバシリ 

   キタァ~~~~!!

信夫山(のぶおやま、じゃ無いよ)の新緑が芽吹きだした。暖かい日が続くようなので、あと1週間もしたら、山全体が新緑になる。一番大好きな季節到来だ。








さて、新緑迄には、まだ少し早い山の中。鳥たちの様子を見に行ってきました。




水芭蕉は、見頃になっていたけど、渡りの鳥達の数は少なく、確認できたのは、センダイムシクイ、クロツグミ(声だけ)位か?




漂鳥ののキクイタダキも居た様な。ツグミも、数羽の群れで居た。夏鳥と冬鳥が混在している。




コサメちゃんや、キビタキ、ノジコ、オオルリ、サンショウクイ等の気配なし。




その代わりと言っては何だが、ゴジュウカラがあっちこっちで鳴いていた。




声のする方に向かって待っていると、近くではないが、姿を見せてくれた。



P4145110rtr.jpg

お決まりのポーズ。








去年は、此処で求愛給餌見られたんで、今年も期待大か?


P4228274rtr.jpg

去年の4月22日の写真。


P4228277tr.jpg

熱いキス!?




いよいよ、ここからが本題





ゴジュウカラを探して、上を見上げていると、木の幹を素早く駆け上がっていく鳥?



コゲラか?



それにしては、動きが違うぞ!!



その名の通り、キバシリだぁ!!!!
















P4145039tr.jpg

一瞬、動きが止まって、姿をきっちり撮る事が出来た。



鳥見を始めてから、弘前で一度、裏磐梯で一度しか会ったことが無い。







P4145040tr.jpg

状態を低くして~~~







撮れた写真をモニターで確認して吃驚。決定的瞬間が撮れていた(自分の中では)






それが、
























P4145041rtr.jpg

写真を確認して、ヨッシャァ~!!って、叫んでた(周りに人が居なくて良かった)



今年、デジスコ写真展が、開催されるなら、応募候補No1に決定。ウヒヒ。








P4145042tr.jpg

残念ながら、エサの確保には、失敗。恨めしそうに、虫の方を見ている?





出会ってから、去っていくまで、1~2分。貴重な時間だった。





これから、通う事になるから、また会えると良いな。



2019.04.15    カテゴリ:  サシバ 

   里山の鷹 2

先日、ケーシー高峰さんが亡くなった。死因は、肺気腫。オヤジ、ジイサン、オジサン、皆同じ病気に罹ってる。
なので、自分は、昔から、一切タバコは吸ってません。未だに、平然と人前でタバコを吸う人の気持ちが全く分かりませんね。







さて、新鮮な空気を吸いながら、鳥や花達に相手をしてもらった里山の続き。(やっかいな花粉は、まだ、飛んでるけど)






遠くの木の天辺に居たサシバ達。普通は、近づいてきてくれない事が多いけど、こっちがじっとしていると、警戒心が薄らいだのか、徐々に近づいてきてくれた。



取りあえず、電柱どまりから。




P4074262.jpg




P4074259.jpg

じりじりと近づいていくと、一寸、睨まれました。




P4074264.jpg

不意に、尾羽を上げたので、糞を飛ばして、飛び出すかと思ったら、空振り。



この写真、猛禽っぽくなくて、自分は気に入っているんだけど









P4074274.jpg

『可愛いだと!!』

って感じで、また睨まれました。







P4074285.jpg





P4074295.jpg

再び、じりじりと近づくと、又、睨まれました。




距離で行くと、30mを切るくらい。これ以上行くと、近づいている間に飛ばれそうなので、この一で撮影続行。




あまり動きは無いけど、動画も撮ってみました。






この後一寸して、母ちゃんに呼ばれて、飛んでいきました。

→オスメスの見分け方を確認したら、眉斑が白いらしいので、もしかしたら、メスなのか?それとも、若鳥か?交尾した後の動きからすると、オスのはずなんだがなぁ?



この次は、飛び出し、飛行などに続く予定だったけど、先週末の写真を先に載せる予定。

2019.04.14    カテゴリ:  サシバ 

   里山の鷹 1

猫は、見ちまうんだよぉ〜〜!
確かにねぇ〜〜( ̄▽ ̄)





さて、鳥の声を聴くと、何処に居るんだよぉ〜、と探してしまう鳥見屋さんあるある?



ノビタキを見ていたら、聞きなれないタカっぽい鳥の声??



その方向を見ると、何処からか現れた鳥が木の天辺に。





P4074010.jpg

サシバ!?


目的の鳥さん、登場。



暫く見ていて、飛んだと思ったら、、、、








P4074029.jpg

突然の交尾シーン。


もう少し目立つところに出てくれれば。だけど、貴重なシーンを見れました。




P4074036.jpg





再び、木の天辺へ

P4074070.jpg

今度は、順光で、お顔がはっきり見えます。




P4074057.jpg

『何見てんだよ!!』


一寸、怒られました。




このサシバ夫婦には、沢山相手をしてもらえたので、しばらく続きます。


今回は、この辺で。



















おまけ




















母ちゃんに呼ばれて、飛んでいきます。

2019.04.13    カテゴリ:  ヒメギフチョウ 

   里山の花達 2

週明けの雪には吃驚したね。しかし、自分も先週末、タイヤ交換実施済。流石に、もう大丈夫か。
スリップサインが出てた夏タイヤを、タイヤ交換とともに、新品に変えた訳だが、工賃他で、八諭吉越え。6月には、車検だしなぁ。幾ら掛かるかなぁ。







さて、バリバリ新品のタイヤで行った、あっちこっちの里山の続き。




最初に行ったところのカタクリは、他の花同様に少し早い感じ。




P4074540.jpg



ヒメギフチョウも探してみたけど、姿無し。以前から、見た事が無いので、居ないのかな。アカタテハは、1頭だけ確認。




気を取り直して、別の場所に移動。




此方のカタクリも若干早いせいか、数が少ない感じ。

P4074668.jpg

上の写真と似てるけど、全然別の場所。



P4074678.jpg

カタクリは、花が下を向いている花なので、天気の良い日より、若干曇っていたり、朝露や雨粒をまとった感じの方が、綺麗に撮れると思う。






やはり、ヒメちゃんは、ダメかと待っていると、2頭のヒメちゃんたちが、ヒラヒラと飛んでるのを確認。




P4074688.jpg

時々現れては、そのまま通り過ぎて行ったり、枯葉の上に留まったりして、こっちの思惑通りには、中々行かない。




通りかかった方と、お話ししていると、再び、ヒメちゃん登場。

2019041208542762c.jpeg





カタクリに留まると良いねぇ、と話していると、思いが通じて、留まってくれた。




以下、背景が五月蠅いので、がっちりトリミング。







20190412085423463.jpeg





201904120854283f1.jpeg




201904120854247a5.jpeg

ほぼ等倍位迄トリミング。モザイク模様の様な鱗粉が綺麗!!
(写真クリックで大きく)




そして、ヒメギフチョウが現れるのに、カタクリより大事な花が、コレ。








P4074652.jpg

ウスバサイシン



ヒメギフチョウは、この野草の葉の裏にしか、卵を産まないとか。(これも、通りがかった方に教えて貰った)





P4074687.jpg

地面ギリギリに花が咲くなんて、何て捻くれた花。もしかして、受粉するのには、蜂や蝶を使うのではなく、蟻などにやってもらう戦略なのか?


ヒメギフチョウも、何で、ウスバサイシンだけなんだろう?


自然の世界は、不思議がいっぱい。


この項、終わり。



Copyright © MrBの呟き All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog